スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今森光彦 写真&ペーパーカット展 楽園の昆虫たち

壁面に飾られた写真には、昆虫が遊ぶ、色鮮やかな自然の景色。その前には、細密に作られた切り紙の昆虫が展示されています。はさみ1本で切り出されたという切り紙の昆虫は、色、かたち、模様が細部まで表現され、透明な翅はクリアファイルで作られたそう。白を基調としたノエビア銀座ギャラリーには、展覧会タイトルのとおり、楽園の昆虫たちが息づいていました。
<会期:2017年6月12日(月)~9月1日(金)>

201701 609

里山をテーマとした作品で知られる今森光彦は、写真家とペーパーカット作家というふたつの顔を持っています。写真家としての今森は、琵琶湖を望む田園にアトリエを構え、琵琶湖周辺の里山を30年以上撮り続けながら、アトリエの周りに木を植え、雑木林や庭を作りました。「オーレリアン(蝶を愛する人)の庭」と名付けられた庭は、生き物とともに暮らすために作られた、今森だけの里山。雑木林の落ち葉の陰で冬を越した昆虫が、新緑の季節の訪れとともに活動をはじめます。今森は、春に蝶が集まる花が咲くように、低木は冬の間に剪定し、昆虫たちが冬を越しやすいように、隠れ家となる落ち葉を地面に残すなど、昆虫が暮らしやすい工夫をこらしているのです。

「昆虫は、私にとって被写体である以前に、常に敬意を払うべき生命」という今森は、日本だけでなく、熱帯雨林や砂漠まで世界各地で昆虫を撮影し、昆虫の生命の輝きを伝えています。そして、昆虫は、切り紙作品のモチーフでもあり、自然の中で「美しい」と感じたその感動を「紙」と「はさみ」で表現しています。細部まで表現された切り紙の昆虫は、今にも動き出しそうです。

ノエビア銀座ギャラリーには、美しい自然環境の中で生命を育む昆虫の「写真」と「切り紙作品」が合わせて展示されています。今森の琵琶湖の田園近くで過ごした幼少期や、写真家として世界各国を訪れ、多くの“本物”を見てきた経験がいかされた作品のかずかず。身近な生命である昆虫を通して、地球という星の豊かさを伝える今森のメッセージが感じられます。

展覧会のホームページはこちらから
ノエビア銀座ギャラリー

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展

誰もが知っている「ミッフィー(うさこちゃん)」シリーズを手がけた絵本作家、ディック・ブルーナ(1927~2017)。オランダ・ユトレヒト生まれのブルーナは、グラフィックデザイナーとしても活躍していました。シンプルでありながら、あたたかく、ユーモアのある作品のかずかずを、松屋銀座で見ることができます。
<会期:2017年4月19日(水)~5月8日(月)>

201701 360

ブルーナの家は代々、出版社を経営しており、ブルーナは1951年、父親の会社でデザイナーとして働きはじめます。初期のブルーナの仕事で忘れてはならないのは、ブルーナ社が1955年から発売した「ブラック・ベア」シリーズと呼ばれるペーパーバックの表紙デザイン。推理小説を中心としたこのペーパーバックの表紙デザインを、約20年間で2000冊以上も手がけています。

「ブラック・ベア」シリーズを宣伝するため、駅や書店に貼られたポスターも、ブルーナの手によるもの。1956年から1971年まで制作されたポスターには、愛らしい読書好きの熊がキャラクターとして登場します。目が赤いのは読書をしすぎたから、というのもかわいいですね。

雨の日も雪の日も、どんな天気でもブラック・ベアを読む熊。気持ちよく寝ころんで読む熊。窓越しに見える、読書する熊。人を振り向かせるアテンションがありながら、親しみやすく人間味にあふれるポスターは、今見てもとても魅力的です。

2017年4月、「クマくんが死んだ」というブルーナの未発表絵本が出版されました。ブラック・ベアのポスターに登場する熊の絵を使用し、読書が好きだったクマの死を悼むという内容です。2011年に制作されたものの、死後に出版されるのがふさわしいと見送られたといいます。2017年2月のブルーナの死後に出版されることになった、この悲しみの絵本は、関係者だけに贈られ市販の予定はないとのことです。

201701 359

展覧会のホームページはこちらから
松屋銀座

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼

花森安治(1911~1978)が1948年に創刊した雑誌「暮しの手帖」は、公正な記事を掲載するため、一切広告を入れずに発行されたといいます。終戦まもない時代に、工夫とアイディアによる豊かな暮しを提案。リンゴ箱から作った子ども机や、着物の仕立て方「直線裁ち」で作ったワンピースなど、工夫次第で驚くほどモダンに仕上がること、そして、それを大切に使えばよいことを教えてくれました。

電化製品が普及すると、トースターやアイロン、洗濯機などの徹底的な商品テストを敢行。トースターのテストのために、食パンを43088枚焼いたというエピソードがあるほどです。戦争を体感した花森にとって、日々の暮しを美しくすこやかに営むことは何よりも大切であり、そのための情報であれば、全身全霊をかけて伝えていたのでしょう。

「暮しの手帖」の表紙画から、カット、レイアウト、取材、執筆、広告まですべてを手がけた花森の30年の仕事を振り返る展覧会が、世田谷美術館で開催されています。
<会期:2017年2月11日(土)~4月9日(日)>

201701 263

雑誌の顔ともいえる表紙原画も多数展示されています。ヨーロッパを連想させるような家具や調度品を描いた初期の表紙画。簡素化された線と明るい色彩で、身の回りの物をグラフィカルに配置した表紙画。暮しを創造する主役である女性を描いた表紙画。「暮しの手帖」のロゴが配置されると、どれもキリリと引き締まり、味わい深い独特の情感が感じられます。

1937年召集された花森は、満州に渡るも結核にて帰国。1941年、大政翼賛会の宣伝部で国策宣伝に従事します。似つかわしくないように思われますが、「もう二度と、こんな恐ろしい戦争をしない世の中にするためのものを作りたい。」と語るきっかけになったのかもしれません。戦争をしない世の中にするために必要なものは、ひとりひとりが自分の暮しを大切にすることだったのですね。

201701 264
暮しの手帖展を設営する花森安治(1950)

展覧会のホームページはこちらから
世田谷美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

N・S・ハルシャ展 -チャーミングな旅-

力強い色彩で水玉や網目が無限に増殖する草間彌生(1929~)の世界に対し、インド現代美術界で活躍するN・S・ハルシャ(1969~)は、やわらかな色彩でモチーフを反復して描きます。画面いっぱいにたくさんの人を描いても、同じ人は二人といません。表情、しぐさ、衣服など全て異なる人々が、世界の縮図のように描かれます。

故郷である南インドのマイスールを拠点に、人物や動物、宇宙などのモチーフをユーモラスに、またシニカルに反復して描く、N・S・ハルシャの大規模個展が森美術館で開催されています。
<会期:2017年2月4日(土)~6月11日(日)>

201701 158

表現スタイルを確立する契機となった作品は、「私たちは来て、私たちは食べ、そして私たちは眠る」(1999-2001)と題した3点組の絵画。
無数の人々がどこからか、川を渡ってやって来ます。
201701 150

人間の根源的な活動である、食べることと眠ること。眠ることは、宇宙と一体になる儀式だといいます。
201701 151

201701 149

「ここに演説をしに来て」(2008)は、6枚のキャンバスに2000人以上の人が描かれています。よく見ると、フリーダ・カーロ、考える人、宇宙服を着た人、鳥人間やゾウ人間なども。
201701 152

「ピーチクパーチク」(2014)では、鳥人間が望遠鏡と顕微鏡をのぞいています。宇宙の星など、どこまでも遠くを見る望遠鏡と、細胞などどこまでも細部を探求する顕微鏡。哲学的な世界観なのかもしれません。
201701 157

「ふたたび生まれ、ふたたび死ぬ」(2013)は、全長24mを超える、大きな一筆書きのような絵画。黒の曲線の中には、宇宙の星がびっしりと描かれています。連続した宇宙空間のようにも、輪廻転生のようにも。
201701 156

インスタレーション「空を見つめる人びと」(2010)は、空を見つめる人々が床に描かれ、天井の鏡に映っています。中に立って、上を見上げると、鏡に映った人々といっしょに空を見つめているように感じられます。下の写真は天井の鏡に映った人々です。
201701 153

インドの歴史、文化、そして宇宙へのチャーミングな旅。見れば見るほど発見のある旅にいらっしゃいませんか。

こちらの記事もぜひ
草間彌生 わが永遠の魂

展覧会のホームページはこちらから
森美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

田沼武能肖像写真展 時代を刻んだ貌

写真家田沼武能(1929~)は、東京・浅草生まれ。小学3年の時に中国と戦争が始まり、中学2年になると軍需工場に駆り出され、教室での勉強など無きに等しかったといいます。私の青春は、戦争と敗戦の混乱で埋まっているとも。

サンニュース社に入社した田沼が「藝術新潮」の嘱託として、日本画の巨匠横山大観の撮影をすることになったのは、21歳のとき。以降、フリーランスになってからも、数えきれないほどの人物写真を撮り続けてきました。文士、芸術家、文化人等、65年以上も「貌」に魅せられてきた田沼にとって、1対1で対象と対峙し、話を聞くことのできる写真は、学ぶチャンスを与えてくれたきっかけ。「貌」には、その人の歴史、その人の心、内面までも写し撮ることができると考えているそうです。

そんな田沼がとらえたポートレート80点を、練馬区立美術館で見ることができます。
<会期:2017年2月23日(木)~4月9日(日)>

201701 172

はいつくばってバレンを動かす棟方志功(1953)、五線紙にペンを走らせる武満徹(1967)など、作品を生み出さんとする芸術家の姿。背広に着替えて待っていたという永井荷風(1953)、パレットを手にし、カメラにはにかんだような目を向ける熊谷守一(1954)など、やさしい表情。「オールドパー」が見える棚の前で、煙草「いこい」をくゆらせる吉田健一(1966)、書棚の前で知性が光る柳田國男(1956)など、個性的で「ならでは」の表情。

記憶にある人もない人も、昭和の文化をつくりあげてきた人間ならではの味わいを見せる写真群に、魅せられてみませんか。

こちらの記事もぜひ
時代の風貌

展覧会のホームページはこちらから
練馬区立美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。