スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ 写真であそぶ

生涯アマチュア精神を貫き、写真を撮ることを楽しんだふたりの写真家、植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ。今見てもモダンで洒落た、そして、ちょっと不思議なそれぞれの世界観を堪能できる展覧会が、東京都写真美術館で開催されています。
<会期:2013年11月23日~2014年1月26日>

img 434

フランス生まれのジャック・アンリ・ラルティーグ(1894~1986)は、植田正治(1913~2000)がもっとも尊敬する写真家だったそうです。植田正治も少年の頃から写真を撮り始めていますが、ジャック・アンリ・ラルティーグがカメラを手にしたのは、なんと、7歳。その頃から、「動くもの」に興味があったのだとか。ふたりにとってカメラは、一瞬が永遠に残せる、魔法の道具だったのかもしれません。

植田正治の写真が、人物をオブジェのように演出して配置し、その「間」を楽しむ“静的世界”だとすれば、ジャック・アンリ・ラルティーグの写真は、人物と自然の動きの「一瞬」を楽しむ“動的世界”。マニキュアをした手にかかる水しぶき、川に飛び込む瞬間、スケートで氷をけった瞬間、グライダーで飛び立つ瞬間、柔術でもつれあう若者や二輪車で転倒する女性まで、その一瞬がいきいきと切りとられています。ジャック・アンリ・ラルティーグは、幸せな一瞬が消え去っていくことに耐えられず、写真を撮るようになったそうですが、それがよくわかる作品群です。

そして、ふたりに共通して感じたのが、被写体である人物への愛情でした。愛情に満ちていたからこそ、写真を撮ることが楽しめ、それが、アマチュア精神を貫いたと言われる所以かもしれませんね。

生誕100年を迎えた植田正治の展覧会は、東京ステーションギャラリーでも開催されています。こちらの記事もぜひ。
生誕100年! 植田正治のつくりかた

植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグのホームページはこちらから
東京都写真美術館

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

江戸の狩野派-優美への革新

荘厳な障壁画を思い浮かべてしまう「狩野派」ですが、墨画ややまと絵に学んだ絵画、写生画など、狩野派の障壁画以外の側面を見ることのできる展覧会「江戸の狩野派-優美への革新」が出光美術館で開催されています。
<会期:2013年11月12日~12月15日>

img 432

室町~桃山時代の「花鳥図屏風」(狩野元信)と江戸時代の「叭々鳥・小禽図屏風」(狩野探幽)が並べて展示してありましたが、「花鳥図屏風」に比べて「叭々鳥・小禽図屏風」は、余白がいかされ、優美で瀟洒な構成であると評価されています。それが、江戸狩野の新しい絵画様式であり、革新性であるとも。しかしながら、余白の中に、長谷川等伯(1539~1610)の「松林図屏風」のような、湿潤な大気や奥行き感を感じるまでには至りませんでした。

江戸絵画というと、伊藤若冲(1716~1800)、曽我蕭白(1730-1781)の斬新な作品や、リアルさを追求した円山応挙(1733~1795)の作品が印象に残っています。彼らに比べると、江戸狩野の展示作品は、様式美に陥りすぎているようで、物足りなさを感じてしまいました。ですが、ひとくちに江戸時代といっても、1603年から265年間も続いていますので、ひとつにはくくれません。若冲、蕭白と狩野探幽(1602~1674)とは、1世紀以上のへだたりがあるのですから、美術史の潮流の中で、個性的な表現が生まれるために時間が必要だったということかもしれません。

そして、狩野派はその時代の権力と結びついて栄華を誇ってきたわけですから、幕府の権威やその象徴である城郭などがあってこそ、価値が保たれてきたようにも思います。その意味においては、まさに、「御用絵師」そのものであったといえるのではないでしょうか。

展覧会のホームページはこちらから
出光美術館


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

三菱一号館美術館名品選2013-近代への眼差し 印象派と世紀末美術

19世紀後半、パリで互いに刺激し合い、影響し合った綺羅星のような画家たち。それぞれに新しい表現を模索した149点の作品群が、三菱一号館美術館の名品選として公開されています。29人の美術家の作品が展示されていますが、特に印象に残った3人の画家、ルノワール、ルドン、ヴァロットンをご紹介します。同時代に生きたとは思えないほど、全く違う視点で作品を生み出しています。
<会期:2013年10月5日~2014年1月5日>

img 425

①ルノワール 1841~1919
印象派といえば、必ず名前があがるルノワールですが、パレットで絵具を混ぜずに、異なる色で点のように描く印象派の技法に疑問を持つようになったそうです。1881年にイタリア旅行でラファエロを見たことで、印象派の技法は、輪郭があいまいになるため、人物を描くのに適していないと考えるようになりました。そして、古典的な輪郭線を用いて描かれたのが、ポスターに使用されている「長い髪をした若い娘」(1884年)です。

②ルドン 1840~1916
ルノワールと1歳違いですが、印象派が戸外の光を描いたのに対し、自己の内面と向き合い、独自の想像の世界を描き出しました。黒1色のリトグラフ「夢のなかで」(1879年)は、なんとも幻想的です。黒の作品を発表していたルドンですが、1890年ごろから、パステルや油彩の色彩豊かな作品を手がけるようになります。神秘的で美しい「小舟」(1900年)、高さ2.48mの大作「グラン・ブーケ」(1901年)は、一見の価値ありです。

③ヴァロットン 1865~1925
スイスで生まれ、1882年にパリに出たヴァロットンは、簡略化された線を生かした白黒の版画で人気を博しました。風刺をこめて描かれた「アカデミー・フランセーズ会員」(1892年)、パリ市民の日常をエスプリのきいた視線で描いた「息づく街パリ」(1894年)など、都会的で辛辣なニュアンスに満ちています。冷笑をうかべたような子どもの姿は、藤田嗣治の描いた子どもたちを彷彿させます。

「レスタンプ・オリジナル」という創作版画集のために制作した、さまざまな美術家の作品も展示されています。彫刻家であるロダンの版画にも会えますよ。また、三菱一号館美術館では、2014年6月14日~9月23日の会期で、ヴァロットンの回顧展が開催予定とのこと。楽しみですね。

展覧会のホームページはこちらから
三菱一号館美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

清川あさみ「男糸」展 DANSHI

行定勲はヘミングウェイ、茂木健一郎はアインシュタイン、綾野剛は芥川龍之介・・。モデルとなる男たちを歴史上の人物にたとえ、彼らのモノクロ写真にイメージに合った刺繍を施す。個性を糸で彩る作品展、清川あさみ「男糸」展がパルコミュージアムで開催されています。
<会期:2013年11月15日~12月9日>

img 418

ポスターに使用されている金子ノブアキは、大天使ミカエルをイメージし、写真の背中に金とシルバーの糸で、天使の羽が刺繍されています。行定勲の写真には、黒とシルバーの銃に、金の蔦をからめて、ヘミングウェイを表現。綾野剛の写真には、芥川龍之介をイメージして、シルバーのくもの巣と、金の縁取りをした花々の刺繍が。松尾スズキは、シルバーのドクロの刺繍で、杉田玄白にたとえられていました。

さまざまな分野で先頭にたつ男たちが、糸のオーラをまとって、美しく輝く。スキャンダラスになりがちなテーマを、美術作品として成立させているのはさすがです。

展示方法も、作品の持つダイナミックな世界観を際立たせていました。木目をいかした木の壁面に、木をイメージした大ぶりの額が、シルバーの鎖で吊られています。

img 414

女優や女性タレントのカラー写真に刺繍を施した華やかな「美女採集」や、「銀河鉄道の夜」「こども部屋のアリス」「もうひとつの場所」といった絵本とはまったく異なる、清川あさみにひたってみませんか。

展覧会のホームページはこちらから
パルコミュージアム


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

生誕100年! 植田正治のつくりかた

故郷である山陰地方を生涯の拠点とした写真家の植田正治(1913~2000)。1994年、福山雅治の「HELLO」のジャケット撮影をしたことから、福山が植田を「師」として尊敬し、写真の世界に入るきっかけとなった人物でもあります。そんな植田正治の生誕100年を記念した回顧展「植田正治のつくりかた」が、東京ステーションギャラリーで開催されています。
<会期:2013年10月12日~2014年1月5日>

 中学生の頃から写真に夢中になった植田正治が、初めて雑誌に初入選したのは、1931年、18歳のときでした。そして、1939年、植田の代名詞ともいえる「演出写真」の第1作「少女四態」が、第13回日本写真美術展で特選を受賞します。横を向いたり、膝をかかえたり、絵のモデルのように違うポーズをとる4人の少女を、今見ても、モダンでしゃれた構成で配置した作品です。

img 407

看板に使用されているのは、「パパとママとコドモたち」(1949年)。それぞれの人物のポーズと立ち位置、そして独特の「間」のある構成が、現実とも非現実ともつかない、彼ならではの世界観を醸し出していますね。この写真は、植田が「海浜スタジオ」と呼ぶ、家から自転車で5分くらいの砂浜で撮影されたのだそうです。

1983年、妻が他界し失意の植田に、演出写真にも登場した次男が、ファッション写真の撮影を提案し、取り組むようになります。なんと、70歳で植田が制作した、キクチタケオのファッションカタログは大きな反響を呼びました。展覧会には、90年代以降、取り組むようになった合成写真など、多彩な作品が展示されています。

1994年には、フランス文化庁が20作品を購入するなど、フランスでも評価の高い、植田正治の世界観が堪能できる展覧会です。

展覧会のホームページはこちらから
東京ステーションギャラリー


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

印象派を超えて 点描の画家たち

1874年、第1回印象派展が開かれた際、当時の人々は、その明るい色調に驚いたといいます。印象派の画家たちは、パレットの上で色を混ぜずに、それぞれの色彩を点のようにキャンバスに置いていく技法で、戸外のまばゆい光を表現しました。そんな印象派の風景画から、モンドリアンの抽象画まで、「点描」をキーワードに読み解く展覧会「印象派を超えて 点描の画家たち」が国立新美術館で開催されています。

<会期:2013年10月4日~12月23日>

img 393

印象派としておなじみのモネ、ピサロ、シスレーたちの細かい筆触を生かした風景画は、移ろう光やそよぐ風をも感じさせ、生き生きとして印象的です。1840年代にチューブ入りの絵の具が開発されたことが、戸外の自然の中で描く印象派の登場を促したともいわれています。

一口に点描といっても、点の大きさや、キャンバスに置かれる色彩の組み合わせによって、作品の印象が大きく異なります。スーラは、補色など、色の持つ効果を科学的に分析し、色彩をより小さな純色の点に分解して作品を描き(分割主義)、新印象派と名づけられました。印象派が持つ躍動感とは違い、均衡のとれた穏やかな趣きが感じられます。

ゴッホも、スーラやシニャックの影響を受け、分割主義を試みた時期もあったそうです。毛糸玉を使って、色の効果を研究したとか。ポスターに使用されている「種まく人」(1888年)の地面は、オレンジと青という対照的な色彩を用い、長めの点描で描かれていますが、ゴッホならではの力強い個性が感じられました。

また、マクシミリアン・リュスの「鋳鉄工場」(1899年)は、工場の労働者を描いていますが、溶けた鉄の発する光や熱、蒸気を点で描いており、風景画に慣れた目には、とても新鮮に映ります。本展覧会の作品の所蔵はクレラー=ミュラー美術館ですが、美術館を建築したアンリ・ヴァン・ド・ヴェルドの線の技法で描いたパステル画も、これ以外で鑑賞できる機会はないのではないでしょうか。知らなかった画家に出会えることも魅力な展覧会です。

展覧会のホームページはこちらから
国立新美術館


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

森村泰昌展 ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る

名画の中の人物に自ら扮するなど、「自画像的な写真作品」をテーマに、作品を発表している森村泰昌。彼が新作に選んだ名画は、ベラスケス(1599~1660年)の「ラス・メニーナス」でした。
「森村泰昌展 ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る」が、資生堂ギャラリーで開催されています。
<会期:2013年9月28日~12月25日>

img 392

「ラス・メニーナス」自体が、絵の中に画家やキャンバスが登場したり、鏡にその場にいない人物が映っているなど、謎の多い絵です。森村泰昌は、画家・王妃・侍女などの人物にそれぞれ扮して、絵を再現するだけでなく、「ラス・メニーナス」をもとに新たな物語をつくり、全8幕の一人芝居として表現しています。

森村作品の中では、絵画の中と美術館の展示室が交錯し、絵の中の人物が消えて、絵の外の展示室に存在したり、絵そのものが鏡として表現されていたり、魔訶不思議な世界が繰り広げられます。ある幕では、絵の鑑賞者として、また、他の幕では画家として、扮装していない森村泰昌も登場しますので、思いきり、ねじれの世界に入り込むことができます。しまいには、森村作品を鑑賞している自分さえ、絵の中にいても、絵がかかっているはずのプラド美術館の中にいても、不思議ではないような気持ちになるほどです。そして、第8幕、最後の幕は、「そしてだれもいなくなった」・・・。

登場人物の撮影は、森村泰昌が客員教授を務める京都市立芸術大学の特別授業として、公開制作されたそうです。会場入口に、「全8幕の活人画。総勢11人の人物に変身する手品」との口上がありましたが、人物がワープする「手品」のようなファンタジーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

展覧会のホームページはこちらから
資生堂ギャラリー


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

清川あさみ もうひとつの場所原画展

清川あさみは、糸や布を素材とした作品や、写真に刺繍を施すなど、個性的な作品で注目を集めるアーティストです。「FRaU」で連載されている「美女採集」でご存知の方も多いと思います。先月までNHKでオンエアされていたドラマ「ガラスの家」(火曜22:00~)のイメージビジュアルをはじめ、今年のPARCOのクリスマス広告&CMのアートディレクションも担当されています。

そんな清川あさみの絵本「もうひとつの場所」の原画展が、ノエビア銀座ギャラリーで開催されています。
<会期:2013年11月5日~2014年1月10日>

img 376

折りしも、ノエビア銀座ギャラリーのある並木通りは、クリスマスイルミネーションにつつまれており、ギャラリーのエントランスのクリスマスツリーも点灯されていました。クリスマス気分で、覗いてみるのもいいですね。

img 386

絵本「もうひとつの場所」は、「地球でもっとも美しい、絶滅図鑑」として発行され、動物・鳥・魚などの絶滅危惧種・絶滅種を描いたもの。その原画は、絶滅した生物が、糸やビーズで織りなされ、切ないほどの美しさを放ちます。ギャラリーの中は、絶滅した生物が生きている、「もうひとつの場所」。かつてあったかもしれない小宇宙を感じることができる展覧会です。

展覧会のホームページはこちらから
ノエビア銀座ギャラリー もうひとつの場所原画展

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

小林古径生誕130年記念 古径と土牛

大正時代に欧州に留学し、自己の画風を確立した小林古径(1883~1957)と、古径を師とあおぐ奥村土牛(1889~1990)。ふたりの作品を比較して鑑賞できる展覧会が、山種美術館で開催されています。
<会期:2013年10月22日~12月23日>

img.jpg

明治38年、奥村土牛が梶田半古塾に入門した際、古径は塾頭をつとめていました。以来、土牛は、古径の馬込の画室に住み込むなど、古径を尊敬して多くを学び、「自分の一生を決定づけることになった」とまで述べています。

古径は、「線の画家」といわれていますが、余分な要素をそぎ落とした描線の美しさは、独自の気品に満ちています。柿を描いた「しゅう采」(古径51歳)、泰山木とオオルリを描いた「白華小禽」(52歳)、「猫」(63歳)など、見る者を引きつけます。

土牛の代表作「醍醐」(昭和47年)も展示されていますが、この作品は、古径の7回忌法要の帰路に、京都の醍醐寺に立ち寄った土牛が、土塀の枝垂桜に「極美」を感じ描いたといわれます。古径から、作画に対する真摯な態度を学んだとされる土牛。自分より先に逝ってしまった師を偲び、83歳の土牛は桜の前でどんな想いを抱いたのでしょう。

蓮、牡丹、猫など、画題を同じくするふたりの作品は並んで展示されており、同時に鑑賞できるのもうれしい展覧会です。

展覧会のホームページはこちらから
山種美術館 古径と土牛
 

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

ターナー展

19世紀のイギリスにおいて、歴史画に比べて地位の低かった風景画を高尚なものとしたターナー。英国最高の巨匠の大回顧展として「ターナー展」が東京都美術館で開催されています。
<会期:2013年10月8日~12月18日>

img 355

その名前は、1991年の山下達郎のシングル「ターナーの汽罐車」の歌詞にも登場しており、絵を見たことはないが、なんとなく名前は知っているという方も多いのではないでしょうか。

まるで気のない声
虹色のシャンペインをかたむける君のみつめる絵はターナー
おぼろげな汽罐車が走る音も立てず
こんな夜の中じゃ愛はみつからない
こんな夜の中じゃ愛は戻って来ない・・・

アンニュイな歌詞ですが、もやのかかった大気や、拡散する光など、ターナーの絵の中に漂う文学的ともいえる詩情と、何か通じるものがあるように感じられます。

また、夏目漱石が、イギリス留学中に見たターナーの絵を深く心に刻み、後に「坊っちゃん」に登場させているのも有名なエピソードです。

「あの松を見給え、幹が真直で、上が傘のように開いてターナーの画にありそうだね」
これは、「坊っちゃん」の中の会話ですが、この「画」のモデルとされている「チャイルド・ハロルドの巡礼―イタリア」は、ターナーが同時代の詩人バイロンの詩に霊感を得て描いた大作です。廃墟と松が印象的な本作品をはじめ、スケールの大きな油彩が見られるのもこの展覧会のみどころのひとつ。

ターナーは遺言で、作品のほとんどを国家に寄贈したため、ロンドン以外で作品を鑑賞できる機会はあまりありません。ロンドンのテート美術館の協力のもと、100点を超える作品が一挙に来日しているのですから、本当に稀有な機会です。19世紀の人々のターナーへの思いを、絵の前に立って感じたいですね。

展覧会のホームページはこちらから
東京都美術館 ターナー展

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。