実験工房展 戦後芸術を切り拓く

戦後の自由で新しい表現をめざし、1954年、前衛のパイオニアとして活躍していた吉原治良をリーダーに、若い作家たちによる「具体美術協会」が関西で結成されました。グループ名は、「精神が自由であることを具体的に提示する」という理念に由来しています。

一方、東京においては、1951年、美術・音楽・照明・文学などジャンルを超えた若手前衛芸術家のグループ「実験工房」が結成されています。命名は、彼らの精神的支柱となった詩人・美術批評家の瀧口修造(1903~1979)によるものです。この「実験工房」の活動を、作品や記録写真等で紹介する展覧会が世田谷美術館で開催されています。
<会期:2013年11月23日~2014年1月26日>

img 493

実験工房のメンバーとなる山口勝弘(1928~)、北代省三(1921~2001)、福島秀子(1927~1997)の出会いは、1948年、日本アヴァンギャルド美術家クラブ主催のモダンアート夏期講習会に参加したことが始まりでした。講師は、岡本太郎や桂ゆきが務めたといいますから、今、開催されても参加したい講習会ですね。岡本太郎は、「20代の作家が主導的に時代のトップを切らなければ、芸術は萎靡してしまうのだ」という信念を持っていたといいます。

彼らの作品の中で、山口勝弘の「ヴィトリーヌ」(飾窓)と名づけられた一連の作品の美しさは秀逸です。箱型の抽象絵画で、表面には格子の型模様のついたガラスがはめられており、奥の造形をガラスごしに鑑賞します。ガラスの屈折で造形が重なりを増し、美しさが増幅します。

彼らを含む実験工房メンバーの活動は、前衛美術だけでなく、現代音楽、創作バレエ、モダンダンス、実験映画と多岐にわたっています。そして驚いたのは、1970年の大阪万博に、実験工房や具体美術協会のメンバーがスタッフとして関わっていたことです。山口勝弘も、三井グループ館のチーフプロデューサーでした。

日本万国博覧会といった一大国家事業に起用されるのは、権威ある保守的な芸術家というイメージがあり、反体制的と捉えられがちな前衛芸術家の活躍の場となっていたという認識がありませんでした。アートとテクノロジーの融合をめざし、近未来社会のイメージをつくりあげた前衛芸術家たちの実験的ともいえる試み。今では、パビリオンも取り壊され見ることはできませんが、画期的な試みを生んだ時代性をもっと検証したくなる展覧会です。

展覧会のホームページはこちらから
世田谷美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: