スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリーブランド美術館展―名画でたどる日本の美

ボストン美術館、シアトル美術館など、アメリカには日本美術の一大コレクションを有する美術館が存在します。クリーブランド美術館もそのひとつで、連合国軍総司令部(GHQ)の美術顧問であった東洋美術研究家のシャーマン・リー(1918~2008)が、1958年より館長を務め、彼の体系的な日本美術の収集がコレクションの土台となったそうです。

同館のコレクションから、平安から明治に至る日本絵画が里帰りし、東京国立博物館で展示されています。
<会期:2014年1月15日~2月23日>

img 609

戦後混乱期の日本から、国宝級の美術品のかずかずが国外へと流出してしまったのは、残念なことではありますが、作品はどれも保存状態が良く、現代の私たちが鑑賞できるのも、流出によって保護されていたからといえるのかもしれません。展覧会は、神・仏・人、花鳥風月、山水、物語世界のテーマに沿って展示されています。

神・仏・人からは、「二河白道図」(鎌倉時代・13~14世紀)。絵の上半分は阿弥陀が待つ極楽浄土、下半分は娑婆が描かれています。その間をさえぎる水の河(欲)と火の河(怒り・憎しみ)を越えるため、白く細い道を渡る僧侶の姿が。極楽浄土へ行くためには、欲望や憎しみを振り切って、阿弥陀を信じる清らかな心が大切であることを教えているとか。シンプルでわかりやすく、思わず僧侶を応援したくなりますね。市井の人々も描かれており、山本梅逸(1783~1856)「群舞図」(江戸時代・19世紀)は、宴で舞う人々の姿が障子越しの影で表現され、デザイン性の高い作品です。

花鳥風月からは、雪村周継(1504頃~不詳)「龍虎図屏風」(室町時代・16世紀)。雲をよぶ龍と風をおこす虎が描かれていますが、両目を見開き風に舞う龍も、両足をそろえ首をかしげる猫のような虎も、とてもユーモラス。蟻とも人間ともつかない擬人化された虫が、笛や太鼓で囃しながら南瓜をひく「南瓜図」(室町時代・15世紀)も、おおらかで楽しく鑑賞できます。

山水に展示されている「蘭亭曲水図」(江戸時代・1777)は、奇想の画家として知られる曽我蕭白(1730~1781)の違った面がうかがえます。物語世界では、渡辺始興(1683~1755)「燕子花図屏風」(江戸時代・18世紀)。尾形光琳(1658~1716)を慕ったとのことですが、弟風の作品でした。

本展は、「日本美術の祭典」として、東京国立博物館、東京都美術館で開催されている3つの展覧会のうちのひとつです。「人間国宝展」「世紀の日本画」も次の機会に記します。

展覧会のホームページはこちらから
東京国立博物館

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。