スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージの力 国立民族学博物館コレクションにさぐる

世界の諸民族の生活の中には、さまざまな造形物を見ることができます。たとえばトーテムポールは、一族のシンボルとして、また、死を弔う墓標としても立てられたといいます。先祖から伝わる歴史をかたちにしたものといえるかもしれません。大阪にある国立民俗学博物館は、世界各地の造形物や生活用具など約34万点を所蔵。そのコレクションの逸品が、東京の国立新美術館で展示されています。
<会期:2014年2月19日~6月9日>

img 640

まず印象に残るのは、メキシコ、コンゴ、ブータン、パプアニューギニアなど、世界各地から集められた「仮面」約100点が、壁一面に並んでいるスペース。仮面には、人々の意識が仮面を通して異界と交わるという意味合いがあるのだとか。パプアニューギニアの木製の仮面は、素朴な魅力に満ち、根源的な精霊のイメージに近いように思えました。人々が、より自然と密接に関わって生きてきたからでしょうか。

儀礼や宗教、呪術に関連して、神や精霊など見えないものを視覚化したり、高く見上げるような造形を通じて、他界や異界とつながることも行われています。インドネシアの葬送用の柱「ビス」は、人の3~4倍の高さがある造形。死者を乗せたかもしれない舟の上に、人間の姿に似た造形が積み重ねられ、生まれ変わりを象徴しているかのようです。死者の霊をはるか上空の世界に送り出すイメージが感じられます。パプアニューギニアの神像「マランガン」も、4体の人の姿が上に連なり、頂点には2羽の鳥があしらわれた、高みへと向かうイメージの造形です。

ビーズや貝、羽根、動物の牙、草、実、種子などでつくられた装身具も展示されています。富や権力を象徴するだけでなく、邪悪なものを跳ね返す力を持つとされているそうです。

現代の消費社会を背景としたイメージもあります。セネガルやベトナムで観光用に売られている飛行機などの玩具は、コカコーラや一番搾りといった、飲み物の空き缶で作られているのです。また、モザンビークの内戦後、人々から回収された武器でつくられた肘掛椅子は、平和への願いだけでなく、ある目的を持って生み出されたイメージが新たな意味を持ち、生まれ変わっていくという点においても考えさせられます。

人間が生み出す「もの」の持つ意味や力を問い直す展覧会です。

展覧会のホームページはこちらから
国立新美術館

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。