スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルテュス展

ピカソをして「20世紀最後の巨匠」と言わしめた画家ながら、バルテュスの名前に聞き覚えがない方も多いのではないでしょうか。少女と猫を好んでモチーフとし、独特の具象絵画を追求したバルテュス(1908~2001)は、作品に描かれた少女の挑発的なポーズなどから、批判や誤解にさらされたといいます。バルテュスの初期から晩年までを、40点を超える油彩画を交えて紹介する回顧展が東京都美術館で開催されています。
<会期:2014年4月19日~6月22日>

190.jpg

バルテュスは、美術史家の父と画家の母のもと、パリに生まれました。母は、詩人のリルケ(1875~1926)と恋愛関係にあり、11歳で描いた最初の作品を見て、バルテュスの才能を見出したのもリルケでした。日本との関わりも深く、リルケとともに岡倉天心(1863~1913)の「茶の本」を読み、日本人形にも魅了されていたとか。バルテュスの最期を看取った伴侶も、1962年、初来日の際に出会った日本人である節子夫人でした。

「少女とは、これから何かになろうとしているが、まだなりきってはいない“この上なく完璧な美の象徴”」と述べたバルテュス。「夢見るテレーズ」(1938)は、過渡期の少女ゆえの危うさに満ちています。手を頭のうえで組み、スカートで片膝を立てた少女。無垢から性に目覚める手前の危うい均衡と解釈されていますが、モデルが、ばら色の頬をしてフリルの服を着た少女であったとしたら、これほどの緊張感はなかったでしょう。バルテュスは、テレーズの憂鬱な雰囲気に惹きつけられたといいますが、緑がかった不健康にも見える肌色、しかめ面ともとれる表情、質素な服、そして、維持するのに力がいると思われるポーズ。それらによって、あくまでも“少女”という概念が浮き彫りにされているように感じます。

「猫と裸婦」(1948~50)になると、裸婦は、片膝を立ててはいるものの、椅子の後ろにのけぞるポーズで描かれ、不安定な緊張感は感じられません。バルテュスは、猫と自分を同一化し、猫を自身の分身として描いたといわれます。「夢見るテレーズ」の猫は、一心にミルクを飲み、少女との関係性はないように見えます。ところが、「猫と裸婦」の猫は、微笑んで手を差し出し、裸婦も応えるかのように、猫に手をのばしています。後年、少女を描いた「読書するカティア」(1968~76)では、色調は明るく、ポーズも、スカートで片膝は立てていますが、椅子の背もたれに身体をあずけたリラックスしたものに変化しています。創作の変遷を見ることができるのも、国内では最大規模の回顧展ならでは。

さらに、晩年を過ごしたスイスの「グラン・シャレ」と呼ばれる住居に残されたアトリエが再現されていたり、使いかけの絵具や煙草の吸殻の写真や、篠山紀信によるバルテュスと節子夫人の写真も展示されているなど、作品以外にも見所満載の展覧会です。

展覧会のホームページはこちらから
東京都美術館

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

桑原甲子雄の写真 トーキョー・スケッチ60年

桑原甲子雄(1913~2007)は、戦前から、生まれ育った“東京”を「ごく私的な記念写真」として撮り歩きました。展覧会タイトルに「トーキョー・スケッチ」とあるとおり、何気ない日常が切り取られていますが、時代の記録としてとても興味深い作品群です。1930年代から1990年代まで、桑原甲子雄のモノクロとカラープリント約200点を紹介する回顧展が、世田谷美術館で開催されています。
<会期:2014年4月19日~6月8日>

186.jpg

特に心惹かれるのは、1930年代の東京の記録。その町並み、人々の服装、おびただしい看板などの光景を見ると、その時代に生きていたわけでもないのに、なぜか懐かしい気持ちが沸き起こります。古きよき時代として受容できる光景そのものだからなのかもしれません。

桑原が生まれた下谷区(現台東区)の商店街は、「新時代の社交場」「強力毛生剤ビルグ」「牛馬車 自動車 通行止」などの看板であふれ、上野駅には「地下鉄新橋まで開通」の文字。家々の戸外には、おしめなどの洗濯ものが連なり、夏の名物であった浅草公園の撒水車の水しぶきがまぶしい。渋谷駅前には、当時すでに人待ち顔の人々が。女性はまだ和装が多く、洋装の女性はあくまでもハイカラ。男性はみな帽子をかぶり、下駄履きでかぶる人も。桑原の町を歩き、写すよろこびが伝わってきます。

時代が下って、1980年代の東京を写した作品も展示されています。渋谷駅前に並んだ公衆電話に群がる人々。電話のまわりには、広告のビラが隙間なく貼られています。本屋の店先には、立ち読みをする子どもたち。どれも、すでに歴史となってしまった光景であることに驚きます。

戦前戦後を通じて、日本の風土とそこに生きる人々を探求した写真家、濱谷浩(1915~1999)とは、なんと隣家の幼なじみであったそう。桑原は濱谷の影響で写真に興味を持ったといいます。「私の東京を写す立場は生活の延長」という桑原の「トーキョー・スケッチ」で、時代を旅してみませんか。

展覧会のホームページはこちらから
世田谷美術館


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション

ミラノの名門貴族に生まれたジャン・ジャコモ・ポルディ・ペッツォーリ(1822~1879)は、24歳の若さで先祖代々の美術コレクションと財産を受け継ぎ、自らも蒐集を始めるようになります。17世紀に建てられた邸宅は、コレクションを飾るにふさわしい室内装飾が施され、武具や武器、宝石、タペストリー、絵画などのコレクションで埋め尽くされました。この美の館は彼の遺言によって、彼の死の2年後、邸宅美術館「ポルディ・ペッツォーリ美術館」として一般に公開されますが、コレクション約80点をBunkamuraザ・ミュージアムで見ることができます。
<会期;2014年4月4日~5月25日>

 181.jpg

展示空間は、邸宅の1室1室を思わせる小さめの空間に区切られています。それぞれの空間の壁面は、当時の邸宅室内のモノクロ写真で覆われていたり、展示品に合わせて、グレー、グリーン、パープルと色が変化します。コレクションだけでなく、展示空間を堪能できるのもうれしい展示です。

たとえば、装飾性豊かな武具や甲冑は、当時のネオゴシック様式の武器室のモノクロ写真を拡大した壁面に、展示窓を開けて飾られています。19世紀後半のヨーロッパでは、さまざまな技法を用いたタペストリーや祭壇前飾りなどの布が高価であったそうですが、細部まで緻密に表現された巨大なタペストリーも2点展示されています。大きな階段状の段をつくり、タペストリーを斜めに立てかける展示方法で、迫力があります。

テンペラ画も数多く展示されており、展覧会のメインビジュアルであるピエロ・デル・ポッライウォーロの「貴婦人の肖像」(1470頃)は、グリーンの壁面に。15世紀に流行した横顔の肖像画ですが、青空をバックに優雅な美しさが際立っています。前を見据えた気品ある表情と、丸みをおびた身体のフォルム。髪飾りやネックレス、花模様が織り出された豪華な衣装の質感も見事です。宝石や糸の輝きの質感は、やはり本物の作品を見ることでしか感じることができません。

また、鍍金された真鍮でつくられた卓上時計のコレクションは、鐘塔や書物、地球儀などが精巧にかたどられ、美しさに眼を奪われます。背景には当時の展示室のモノクロ写真があしらわれ、時計の金があざやかに映える展示方法です。

ミラノの貴族の華麗な美意識にひたってみてはいかがでしょうか。

展覧会のホームページはこちらから
Bunkamuraザ・ミュージアム

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

開山・栄西禅師800年遠忌 栄西と建仁寺

日本に禅宗を広め、茶の習慣を伝えた「茶祖」として知られる栄西(1141~1215)。建仁寺は、1202年、鎌倉幕府の庇護のもと、栄西禅師を開山として建立された京都最初の禅寺です。俵屋宗達の「風神雷神図屏風」(17世紀)、海北右松(1533~1615)の襖絵など、栄西と建仁寺ゆかりの宝物が東京国立博物館で公開されています。
<会期:2014年3月25日~5月18日>

162.jpg

会場を入ってすぐのところには、栄西の生誕を祝って、年に1回、建仁寺本坊方丈で行われる「四頭茶会」の空間が再現されています。正面には、栄西像と龍虎図の三幅対が掛けられ、机上には、香炉・花瓶・燭台の三具足が飾られています。壁に沿って畳が敷かれ、中央は板の間。畳に座った4人の正客と各8人の相伴客、計36人のひとりひとりに僧が湯を注ぎ茶をたてて回るのだそう。展覧会のプロローグの空間ですが、まず、心をつかまれます。

この本坊方丈の障壁画は、桃山画壇を代表する画家の一人である海北右松が手がけたもの。琴棋書画図、山水図、竹林七賢図、花鳥図、雲龍図の全てがひとつの展示室に集められ、鑑賞者を取り囲むように展示されています。まるで当時の空間の中にいるかのような気持ちで見ることができますよ。特に、暗黒の雲から姿を現す巨大な龍を描いた「雲龍図」(1599)は大迫力です。他にも、信長の弟で千利休の弟子であった織田有楽斎(1547~1621)の坐像は、狩野山楽(1559~1635)が蓮池を描いた「蓮鷺図襖」(1618頃)の前に展示されているなど、当時を彷彿とさせる工夫が随所に見られるのはうれしい試みです。

また、長谷川等伯(1539~1610)、伊藤若冲(1716~1800)、曽我蕭白(1730~1781)、長沢芦雪(1754~1799)、白隠(1686~1769)などの作品もさりげなく展示されており、懐深い展覧会といえます。会場の最後には、国宝「風神雷神図屏風」。風と雷を神格化した二神の嬉々としたユーモラスな表情に、自然や神とひとつになったようなおおらかな気持ちで展覧会を締めくくることができます。

展覧会のホームページはこちらから
東京国立博物館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。