ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展

金髪の女性が赤の打掛をまとって、扇子をかざし、振り返りざまに微笑んでいる。足元にはござを敷き、背景には鶴や花魁をあしらった団扇が。展覧会のメインビジュアルである「ラ・ジャポネーズ」(1876)は、第2回印象派展に出品されたモネ(1840~1926)の大作です。19世紀後半から20世紀初頭にかけて、西洋では、浮世絵や工芸品などの日本美術が注目され、芸術家たちに大きな影響を与えました。巻き起こった「ジャポニスム」に焦点をあて、絵画、版画、工芸など約150点を紹介する展覧会が、世田谷美術館で開催されています。
<会期:2014年6月28日(土)~9月15日(月)>

415.jpg

日本美術には、自然を細やかに観察し、精緻に美しく表現するという特徴があります。西洋の芸術家たちは、そのことに感嘆し、日本においては、芸術が生活にとけこんでいると信じたといいます。植物や鳥など日本美術のモチーフは、西洋の絵画だけでなく、食器や陶器などにも用いられました。ティファニー工房のデスクセットには、日本の着物の型染に用いる型紙のデザインが取り入れられています。

パリの都市生活や風景を描いた絵画の中にも、構図や描写に浮世絵の影響が見られます。手前に大きな対象物をクローズアップして描き視界を遮りながら、小さく遠景を描いて遠近感を演出する手法、また、柱や木の幹が上下に貫通して画面を分割する構図、そして、対象物を画面にはめ込んだような平面的な構成。会場では、もとになった浮世絵とその影響を受けた西洋絵画が並んで展示されているため、とてもよく理解できます。

ムンク(1863~1944)「夏の夜の夢(声)」(1893)は、女性の背景に、水面や緑の草地が水平方向に描かれ、縦方向に木々が画面を分割。遠くに小さく描かれたボートが、浮世絵の遠近法を彷彿とさせます。歌川広重(1797~1858)「名所江戸百景 神田明神曙之景」(1857)が着想源に。

モネ「積みわら(日没)」(1891)は、なんと歌川広重「東海道五拾三次之内 鞠子 名物茶店」(1833頃)が下敷きに。積みわらも茶店も画面右に寄せられており、あいた空間に、帯状に地平が描かれています。他にも、人物の顔を大写しにしデフォルメした「大首絵」の影響を受け、身体的特徴を強調した肖像画や、たらいで子どもを遊ばせる情景や鯉のぼりなど、モチーフそのものが浮世絵と同一の作品も。

また、前述のモネ「ラ・ジャポネーズ」は、着物をまとったモネの妻カミーユを描いた作品ですが、当時の画家たちは日本の着物を争って買い求め、モデルにまとわせて日本趣味の作品を描いたとのこと。日本においても大正期に中国趣味が流行し、チャイナドレスをまとった日本人モデルを描いた作品が生まれました。自国の女性に、異国の着物やチャイナドレスを着せて、異国の文化を描く。キャンバスの中の小宇宙では、ふたつの美が融合し、画家を満足させたのでしょうか。

展覧会のホームページはこちらから
世田谷美術館

こちらの記事もぜひ
描かれたチャイナドレス
フランス印象派の陶磁器

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: