魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展

1909年、パリ。ロシアの貴族セルゲイ・ディアギレフ(1872~1929)率いるロシアバレエ団“バレエ・リュス”が、センセーショナルなデビューを遂げました。ストラヴィンスキー、ドビュッシーらが音楽を手がけ、マティス、デ・キリコ、シャネルらが衣装をデザイン、そして、ダンサーには、伝説的踊り手ニジンスキー。舞台美術、衣装、音楽、踊り、すべてに当時の才能が結集した総合芸術として、時代を席巻しました。

バレエ・リュスのコスチュームを蒐集し、約40年かけて修復してきたオーストラリア国立美術館の貴重なコレクションが、国立新美術館で公開されています。
<会期:2014年6月18日(水)~9月1日(月)>

421.jpg

バレエ・リュスのコスチュームは、赤、グリーン、黄色、ピンク、ブルーなど、色鮮やか。遠くから舞台を見たときに、鮮烈な色彩の衣装をまとった踊り手が交錯し、まるで動く絵のようだったといいます。物語はロシア、アラビア、インドなどを舞台としたため、デザインもエキゾティック。パリの観衆を魅了したに違いありません。

ロシア出身の画家レオン・バクスト(1866~1924)デザインの衣装は、ロシアバレエときいて思い描くイメージそのもののように感じました。「カルナヴァル」(1910)は、フリルを重ねたスカートやレースの袖がロマンティック。「クレオパトラ」(1909)、「シェエラザード」(1910)はエキゾチシズムに溢れたスタイルが魅力です。「ダフニスとクロエ」(1912)の海賊は、幾何学的な模様と大胆な色使いが目を惹きます。

マティス(1869~1954)がデザインした「ナイチンゲールの歌」(1920)の衣装や、デ・キリコ(1888~1978)の「舞踏会」(1929)の衣装は、太い線で表現された柄が、まるで彼らが絵筆で描く絵画のモチーフのよう。おもちゃ屋が舞台の「奇妙な店」(1919)は、ドラン(1880~1954)のデザインで、モヘアを毛にあしらったプードルのコスチュームが展示されています。

生地を重ねて柄を表現し、飾りを縫い付ける―。ひとつひとつに手が込んでおり、宝石のように美しいコスチュームが並んでいます。バレエの衣装は、デザイン、カッティング、模様、色使いが創造性に満ちているのはもちろん、ダンサーの力強い動きを可能にし、パフォーマンスを十二分に伝えるものでなければなりません。舞台では、いったいどんな動きを見せたのでしょうか。

ディアギレフが亡くなると、バレエ・リュスは解散し、メンバーは世界中にちらばって活動を続けたといいます。それが世界各国の現在のバレエの源流となっているとか。100年の時を超えて想像の翼を広げてみませんか。

展覧会のホームページはこちらから
国立新美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: