輝ける金と銀 琳派から加山又造まで

心を魅了してやまない、金銀の光輝くきらめき。日本画においても、さまざまなかたちで用いられてきました。金や銀で表現された作品を集め、さらに、その技法を再現したサンプルをいっしょに展示するという興味深い展覧会が、山種美術館で開催されています。
<会期:2014年9月23日(火)~11月16日(日)>

689.jpg

山種美術館といえば、速水御舟(1894~1935)「名樹散椿」(1929)。金地には、白、ピンク、赤と種々の花を咲かせた椿の古木。金の背景が深く静かに広がり、美しさを永遠に画面に閉じ込めたかのよう。この均一で抑えた輝きを放つ金の背景は、金箔を細かくした金砂子を、何度も撒いてはすりつぶす「撒きつぶし」という技法で描かれているのだそうです。会場には、金の箔押し、金泥、撒きつぶし、3種のサンプルが展示され、それぞれの輝きを比較することができます。御舟がなぜ「撒きつぶし」を選んだのかがわかる気がします。

銀の均一な背景に美しさを閉じ込めたのは、牧進(1936~)「春飇」(2009)。銀砂子を全面に撒きつぶし、輝きを抑えるため、上からプラチナ泥を刷いたのだそう。風にあおられる牡丹と黒い蝶、それぞれの様が際立って見えます。

横山大観(1868~1958)「竹」(1918)は、画面の裏から金箔を貼る「裏箔」の技法が取り入れられています。絹の目の隙間から見える、やわらかな金の輝きを利用したのだとか。独自の美しさを創造するために、さまざまな工夫が凝らされていることに驚きます。

金や銀は、背景だけでなく、モチーフそのものにも使用されています。川端龍子(1885~1966)「草の実」(1931)は、紺地の背景に、萌え茂る秋草が金泥で華麗に描かれています。雑草を金泥で描くという発想も面白いですが、焼金や青金など種類の違う金泥で描かれた、重なり合い無数に茂る秋草の美しさも秀逸です。川端は、「絵具として金色を使ったのは私が初めてでしょう」と述べているそう。

小林古径(1883~1957)「しゅう采」(1934)は、秋の彩りとして、柿の枝を描いていますが、実には朱と金が、葉には金が用いられています。色づく葉の変化や、秋の夕陽の趣きが感じられます。横山操(1920~1973)「マンハッタン」(1961)は、建ち並ぶビルが銀や金で描かれ、心象風景のようにも感じられます。

他にも、雲霞(岩佐又兵衛)、月影(酒井抱一)、くもの巣(速水御舟)、ミミズクの目(横山大観)の表現にも金や銀が活かされていました。画家たちの知識と想像力が一体となった作品のかずかず。技法を知れば、鑑賞の仕方も変わってきそうです。

展覧会のホームページはこちらから
山種美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: