スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想絶佳 アール・デコと古典主義

1933年、フランスのアール・デコ様式を取り入れて建築された朝香宮邸。現在は、東京都庭園美術館として利用されていますが、当時の生活空間を再現するかのような展覧会が開催されています。展示されているのは、家具、磁器、ガラス、絵画、彫刻など、古典主義のアール・デコ作家たちの作品群。邸内には、当時の美意識が満ちています。
<会期:2015年1月17日(土)~4月7日(火)>

201501 124

花モチーフが織り込まれた椅子と、螺鈿などの細工で一面に花手綱があしらわれた木製キャビネット。果物や花が盛られた杯は半透明の磁器で、照明になっており、オレンジ色の光を放ったといいます。ロングドレスの2体の女性像は、白の素焼き磁器。頭より大きい果物かごと花を頭部に抱え、足元まで花綱を垂らしています。昼と夜と題された置時計は、男女の裸体がそれぞれ陰彫りと浮彫りに。

壁にかけられているのは、モーリス・ドニ(1870~1943)やデュフィ(1877~1953)の絵画。長い首とおおらかな表情が特徴的なブロンズのニンフ頭部像も目を引きます。

邸内で、その時代に立ち会っているような気持ちで鑑賞した後は、昨年11月のリニューアルでオープンした新館へ。新館には、ホワイトキューブの展示室があり、アール・デコ作品が、本館とは違った雰囲気で鑑賞できます。

ジャン・デュパ(1882~1964)「赤い服の女」(1927)は、白い岩肌の洞窟から顔を出しているようにも見える頭部と、赤の野菜のようにも見える衣服をまとった女性が描かれています。冷たい表情も独特の雰囲気です。

どの作品も興味深かったのは、ウジェーヌ・ロベール・プゲオン(1886~1955)。「蛇」(1930頃)は、両手をあげて身体をくねらせた裸の女性と、黒衣の女性が、白のたくましい馬の前に。足元には、蛇。白馬は、アダムを象徴しているのだとか。

「捕虜たち」(1932)は、馬たちを背後に、太い幹にしばられた裸の少女が二人。足元には、りんごが。また、「イタリアの幻想」(1928)は、鹿に見つめられた着衣と裸の女性が、分身のように背中合わせに。寓意が込められていることは間違いありません。

1910年頃、ドイツの新しいデザインの潮流に対抗し、フランスで生まれたアール・デコ。古典主義を下敷きとし、神話をテーマとすることも多かったといいます。幻想絶佳にひたってみては。

展覧会のホームページはこちらから
東京都庭園美術館

こちらの記事もぜひ
東京都庭園美術館リニューアルオープン

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。