スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花と鳥の万華鏡

季節を彩る色とりどりの花、そして、そこに集う鳥。花と鳥は、自然の美しさや季節の象徴として日本人に愛され、日本画のモチーフとしても代表的なものです。花と鳥を描いた作品を選りすぐった展覧会が、山種美術館で開催されています。
<会期:2015年2月11日(水)~4月12日(日)>

201501 156

会場に入ると、速水御舟(1894~1935)「牡丹花」(1934)が迎えてくれます。鮮やかな色彩ではなく、墨のみで描かれた牡丹の花。墨の濃淡とにじみで、花びらの質感が表現されています。亡くなる前年の作品で、御舟が最後にたどり着いた境地として高く評価されています。

御舟の作品は、金地屏風「翠苔緑芝」(1928)も展示されています。右隻には、枇杷の木の根元に黒い猫。左隻には、芝生に遊ぶ白い兎。シュールな雰囲気が漂います。

もうひとつの金地屏風が、鈴木其一(1796~1858)「四季花鳥図」(19世紀)。右隻は春夏の世界で、菜の花、たんぽぽ、ひまわり、朝顔などが咲き誇り、左隻には秋冬の、菊、すすき、水仙などが。どちらにもつがいの鳥が描かれ、夫婦円満を暗示しているのだとか。

菱田春草(1874~1911)「月四題のうち“春”」(1909~10)と横山大観(1868~1958)「春朝」(1939)は、どちらも山桜を描いていますが、対象的な趣。春草は、亡くなる前年に山桜と月を描き、桜は薄紫のシルエットではかなげな印象。大観は、山桜と太陽を描き、71歳ごろの作品ながら、生命感に満ちています。

上村松篁(1902~2001)の鳥は、美人画のように美しく、「白孔雀」(1973)は、横長の画面いっぱいに、長い尾をした1羽の白孔雀が描かれています。背景には、黄色のハイビスカス。白く長い尾は、レースのように優雅です。「竹雪」(1977)は、雪の積もった竹の葉に隠れるように、1羽の鳥が描かれ、まるで深窓の令嬢さながら。

福田平八郎(1892~1974)「春」(1925)はモダンな印象。上部には、枝に咲く赤い花。下部には、水面からのぞく岩に羽を休める3羽の鳥。間をつなぐ、線だけで描かれた水面の表現が秀逸で、水面に浮かぶ赤い花びらが美しい作品です。

日本の美しい四季をあらためて感じ、春の訪れが待ち遠しくなる展覧会です。

展覧会のホームページはこちらから
山種美術館

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。