スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグリット展

白い雲が浮かぶ青空がはめ込まれた鳥― 「空の鳥」(1966)は、まるで鳥の形の窓から外をのぞいているかのように見えます。馬に乗って木立を進む女性― 木の前にあるべきものが後ろに描かれた「白紙委任状」(1965)は、だまし絵のように見えます。日常を描きながら固定観念を覆し、少し不安で不思議な世界にいざなうルネ・マグリット(1898~1967)。年代に沿って約130点の作品を鑑賞できる本格的な回顧展が、国立新美術館で開催されています。
<会期:2015年3月25日(水)~6月29日(月)>

201505 004

ベルギーを代表するシュルレアリスムの画家マグリット。フランスのシュルレアリストたちが夢や無意識のイメージに重きをおいたのに対し、ベルギーのマグリットは、見慣れた現実の中に潜む神秘を芸術にしたのだとか。目に見えるものだからこそ、その仕掛けにハッとして見入ってしまうのかもしれません。

「光の帝国Ⅱ」(1950)は、地上は街灯のともる夜の世界なのに、空は雲の浮かぶ昼の青空です。昼になるのを忘れたかのような街並みは、時間がとまった神秘の世界。

山高帽をかぶり黒のコートを着た同じような男性が、空に無数に浮かぶ「ゴルコンダ」(1953)。建物のある普通の街に、誰とも見分けのつかない平凡な市民。ありふれた存在のはずなのに、市民が空に浮いていることで、一気にシュールな存在に。

砲弾で撃ち抜かれたような壁を背にした裸の女性を描いた「生命線」(1936)。下半身は肌色なのに、上半身は青で描かれ、女性が石像に変化してしまうかのよう。他にも、見えていた風景ごと割れてしまったガラス、足と融合する編み上げ靴、卵を見ながら鳥を描く画家、翼を広げた鷲の形の山脈、馬の首につける鉄の鈴をあしらった花など、不思議な世界が堪能できます。

あまり見る機会のなかった1920年代の作品には、平面的に塗られたキュビスム風の女性像や、デ・キリコ風のモチーフも。作品解説ではなく、マグリット自身の言葉がキャプションとして添えられているのもユニークな展覧会です。

展覧会のホームページはこちらから
国立新美術館

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。