スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Modern Beauty フランスの絵画と化粧道具、ファッションに見る美の近代

この春、ポーラ美術館、三菱一号館美術館、世田谷美術館の3館で、ファッションをテーマとした展覧会が開催されています。心華やぐ季節にふさわしいラインナップですね。このうち、ポーラ美術館では、19~20世紀の女性のファッションが描かれた絵画やファッション雑誌に加え、当時のドレスや装身具、化粧道具などが展示され、100年前の女性たちの美へのこだわりを見ることができます。
<会期:2016年3月19日(土)~9月4日(日)>

201601 112

19世紀中頃のフランスでは、産業革命により紡績機や素材の開発が進み、百貨店も登場したことなどから、女性のファッションが注目されました。都市の風俗や郊外でのレジャーを描いた絵画の中にも、ファッショナブルな女性が登場します。「ウエストの細さは貴婦人の条件」といわれたように、ウエストを絞った華やかなドレスを纏い、ネックレスや指輪、帽子、髪飾りなどを身に着けた女性たち。パラソル、レースのハンカチ、香水瓶、扇などの小物も見逃せません。流行のファッションを纏った女性は「パリジェンヌ」と呼ばれました。

プライベートな空間である化粧部屋で身づくろいをする女性や、清潔を保つために入浴する女性なども描かれています。金・銀・ガラスなどを使用した豪華な化粧道具セットが展示されているのも、ポーラ文化研究所を持つメーカーの美術館ならでは。

ルノワール(1841~1919)が仕立て屋の家庭に生まれていたり、デュフィ(1877~1953)がテキスタイルのデザインに取り組んでいたことなど、画家とファッションの関わりも知ることができます。レオナール・フジタ(1886~1968)は、自分の衣服を自作していたとのことで、裁縫をする姿を描いた自画像が展示されています。

3館での相互割引も実施されていますので、それぞれのファッション展を楽しみたいですね。

201601 113

展覧会のホームページはこちらから
ポーラ美術館

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。