深堀隆介回顧展 金魚養画場

朝顔の露、風鈴の音、そして、ひらひらと涼しげに泳ぐ金魚。日本の夏の風物詩ですね。展示されているのは、枡の中で生き生きとひれをなびかせる金魚です。本物のようにしか見えませんが、3Dプリンターならぬ3Dペインティングで描かれた作品だというから驚きです。樹脂を流し込んだ表面に金魚を描き、さらに樹脂を流し込んで続きを描くという独自の技法で、かずかずの作品を発表している深堀隆介の回顧展が西武渋谷店で開催されています。
<会期:2016年5月11日(水)~5月29日(日)>

201601 449

代表作「金魚酒」は、枡に流し込んだ樹脂が固まるまで2日間待ち、絵具で描いた後、さらに流し込んだ樹脂が固まるまで2日間待って描くことを繰り返して制作されたそう。
201601 429

201601 432

会場では、はじめて金魚作品を発表した2002年から15年に渡る作品を見ることができます。金魚が描かれているのは、枡の中だけではありません。

番傘の中に描かれた「雫」(2010)。
201601 442

エミール・ガレの器の中に泳ぐ「辻菊」(2014)。
201601 439

「栄螺待ち 牡蠣待ち」(2015)は、貝の中に。
201601 438

古い木の机の引き出しの中の集団は、「方舟」(2009)。
201601 447

技法もユニークですが、器とのマッチングもユニークで、和洋を問わず独自の作品世界が広がっています。

展覧会のホームページはこちらから
西武渋谷店

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: