スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸絵画への視線 岩佐又兵衛から江戸琳派へ

1966年7月7日に開館した山種美術館。50周年記念特別展として、同館が所蔵する江戸絵画の名品を見ることができます。まず展示されているのは、伊藤若冲(1716~1800)「伏見人形図」(1799)。愛らしい布袋の土人形7体が描かれたユーモラスな作品に、展覧会への期待が膨らみます。
<会期:2016年7月2日(土)~8月21日(日)>

201601 639

美術館創立者である山崎種二が丁稚奉公していた頃、酒井抱一(1761~1828)の絵を見たことが美術品蒐集のきっかけであったといいます。季節の花と鳥をモチーフとした酒井抱一の花鳥画は、赤・黄・白の鮮やかな菊と1羽のルリビタキを描いた秋の「菊小禽図」(19世紀)、そして、こな雪の舞い散る水辺の枯れた葦と2羽の白鷺を描いた冬の「飛雪白鷺図」(19世紀)。日本美術と自然の密接な関係が伺えます。

酒井抱一は月の表現もユニークであり、「秋草図」(19世紀)、「月梅図」(19世紀)に描かれている月は、輪郭に沿って金泥をぼかすことで、月の輪郭を浮かび上がらせるとともに、月の光も表現されています。屏風「秋草鶉図」(19世紀)の月は、金地に黒。銀が経年変化で黒くなったのではなく、意図的に表面を黒くしているとのことです。

201601 638
酒井抱一「秋草鶉図」

会場でひときわあでやかなのが、鈴木其一(1796~1858)「四季花鳥図」(19世紀)。右隻には、ひまわり、たんぽぽ、朝顔など春夏の花と鶏の家族。左隻には、菊、水仙など秋冬の花と雄雌のおしどり。咲き誇る花々と家族繁栄、なんとも幸せな光景です。

201601 637
鈴木其一「四季花鳥図」

他にも、筆ではなく、指や手のひら、爪を使って描いた池大雅(1723~1776)「指頭山水図」(1745)や、桃の花咲く山すその光景を桃源郷として描いた、山本梅逸(1783~1856)「桃花源図」(19世紀)など、見ごたえのある作品がそろっています。展覧会名にある岩佐又兵衛(1578~1650)の「官女観菊図」(17世紀)も緻密な筆致と、墨の濃淡だけで多彩な色を感じさせる表現が秀逸です。

山種美術館名品展の第二弾は、浮世絵のコレクション(2016年8月27日~9月29日)とか。こちらも楽しみですね。

※会場では、山種美術館所蔵の屏風4点のみ撮影可能です。

展覧会のホームページはこちらから
山種美術館

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。