スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速水御舟の全貌

燃え上がる炎と舞い飛ぶさまざまな色の蛾を描いた、速水御舟(1894~1935)の「炎舞」(1925)。蛾が焼き尽くされるようにも、昇華するようにも見え、情念すら感じるこの作品は、山種美術館の代名詞ともなっています。山種美術館の開館50周年記念特別展として、速水御舟の初期から晩年にいたる作品約80点を見ることができます。
<会期:2016年10月8日(土)~12月4日(日)>

201601 840a

東京に生まれた御舟ですが、22歳頃から京都近郊の修学院にこもって制作に没頭します。24歳のときに描きあげた「洛北修学院村」(1918)は、自ら「群青中毒にかかった」というほど、一面に青の世界が広がっています。こんもりとした山のふもとにある、京都の山里。画面を覆いつくす木々の葉は、青緑の光と影の細かな筆致で描き込まれています。季節は初夏。夜明け前の薄闇に包まれた、幻想的な空気感。よく見ると静寂の中、すでに起きだして農作業をする女性たちの姿が。御舟は、修学院村をミレーのバルビゾン村にたとえていたといいます。

期待の新人として注目されていた御舟を不幸が襲うのは25歳のとき。東京浅草で市電にひかれ、左足のくるぶしから先を切断してしまうのです。めげずに画業に励んだ御舟は31歳のとき、軽井沢滞在中に「炎舞」を生み出します。当時の御舟は毎晩のように、焚き火とそこに群がる蛾を写生していたとか。仏画の炎のように燃えさかる炎。正面向きに描かれた蛾は、羽の周囲がぼかされてゆらめき、炎に取り込まれるかのようです。

同じ軽井沢で目にした、蔦がからまるブナの巨木を描いた「樹木」(1925)も印象的な1枚です。縦長の画面いっぱいに配された幹。古代の樹木信仰を思わせる、生き物のような立体感。そして、樹皮や苔のみごとな質感。天に連なる、「炎舞」の炎と「樹木」の幹。どちらも不思議な迫力があります。

そして35歳の御舟の大作が「名樹散椿」(1929)。背景には、金箔を細かくした金砂子が全面にまきつぶされています。左に伸びた枝は、たわわな椿の花と葉の重みで大きくしなり、樹齢400年の椿の大木の流れるような枝ぶりが、えもいわれぬ美しさを醸します。

わずか40年という短い人生でしたが、ひとつのスタイルに固執せず、常に新しい日本画の表現を模索し続けたという御舟。その挑戦の軌跡が堪能できます。

展覧会のホームページはこちらから
山種美術館

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。