スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本画の教科書 京都編

開館50周年を迎えた山種美術館の記念特別展として、京都画壇を代表する名品が勢ぞろいしています。竹内栖鳳(1864~1942)、上村松園(1875~1949)、福田平八郎(1892~1974)など、「日本画の教科書」というタイトルにふさわしいラインアップ。特に、山種美術館の代名詞でもある竹内栖鳳「班猫」(1924)は、このような機会がないとなかなか目にすることができません。
<会期:2016年12月10日(土)~2017年2月5日(日)>

201601 1028

「班猫」は、会場を入ってすぐの場所に展示されています。「動物を描かせてはその臭いまで描く」といわれた栖鳳ですが、描きたい動物がいれば、自宅に持ち込んで写生し続けたといいます。この猫も、沼津の八百屋の店先で一目ぼれし、譲り受けて京都に連れ帰ったとか。何もない背景にただ1匹描かれた猫は、どこか気品ある佇まい。やわらかな毛並みと、ふと振り返ったときの丸みのある独特のポーズ。栖鳳が入れ込んだ気持ちがわかるような気がします。

栖鳳の門下であった土田麦僊(1887~1936)「大原女」(1915)も目を惹く大作。頭に荷をのせて売り歩く京都の大原女。胡粉を盛り上げて花びらを描いた桜の大木と、すがすがしい緑の竹林。土色と緑の中を歩く藍の着物を着た3人の大原女が、のどかでのびやかな雰囲気。

上村松園の美人画も見逃せません。「牡丹雪」(1944)は、画面の大部分がどんよりとした空。降る雪が胡粉で描かれています。うつむき加減で歩く二人の女性の傘は雪で覆われ、その重さが伝わってきます。寒さの中で、女性の美しさが際立ちます。会場では、この作品のみ撮影可能です。

201601 1027

松園の夏の美人は「新蛍」(1929)。グリーンの簾ごしに、蛍に目をやる女性。少し上げた簾が、女性の立ち姿に沿って垂れ、たおやかな曲線を描いています。

福田平八郎「筍」(1947)は、黒々とした皮に覆われた筍が2本、空に向かって伸びています。その生命力を絵画で表現したかったとは福田の弁。淋しいので添えたという竹の落ち葉は、薄墨の線で描かれ、グラフィカルな魅力にあふれています。

次回展の東京編では、どんな名品に出会えるでしょうか。楽しみですね。

展覧会のホームページはこちらから
山種美術館

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

ダニエル・ドンデのラグジュアリーアート「ストラディバリ ロック コレクション」

ギャラリーにずらりと並んでいるのは、きらきらと色とりどりのきらめきを纏った何体ものヴァイオリン。赤と白のストライプにバラの造形が施された「America」、銀箔が貼られた本体にブルー系の幾何学モチーフが楽しい「Tribute to Kandinsky」、ゴッホの星月夜やひまわりが描かれた「Tribute to Van Gogh」。どれもがイタリア、クレモナ出身のアーティストであるダニエル・ドンデのヴァイオリンアートです。ダニエル・ドンデのラグジュアリーアート「ストラディバリ ロック コレクション」と題した展覧会が、ノエビア銀座ギャラリーで開催されています。
<会期:2016年11月7日(月)~2017年1月6日(金)>

201601 959

どのヴァイオリンも、永遠の名器として名高い「ストラディバリウス」の造形が象られています。イタリアにある小さな町クレモナでは、400年も前からそこに住む職人たちの手で弦楽器がつくられてきました。中でも最も有名な職人がアントニオ・ストラディバリ(1644~1737)です。ストラディバリが製造したヴァイオリンは「ストラディバリウス」と呼ばれ、幻のヴァイオリンとして、かずかずのヴァイオリニストを魅了してきた名楽器です。ヴァイオリニスト千住真理子さんが所有するストラディバリウスは、かつてローマ法王クレメント14世に献上され、その後、フランスのデュランティ家に家宝として200年眠り続け、その後80年をスイスの富豪が所持していたものだといいます。

ヴァイオリンアートを制作したダニエル・ドンデは、このヴァイオリンの町、クレモナ出身のアーティスト。出身地で活躍したヴァイオリン職人アントニオ・ストラディバリをオマージュし、ヴァイオリンに金箔や銀箔、色とりどりのクリスタルなどの装飾を施し、独自のラグジュアリーアートとして完成させたのです。

繊細な装飾は、すべて手作業で作られているそうです。クレモナに工房を構え、スイスのルガーノにギャラリーを持つドンデの作品には、額装作品もあり、ジョルジオ・アルマーニ、フランク・シナトラ、パリス・ヒルトン、シルベスタ・スタローンなど、世界各国のセレブリティたちにコレクションされているのだとか。確かに、息をのむほど美しいきらめきを放っています。

夜間にギャラリーの前を通ると、クリスマスツリーが点灯されています。ギャラリー内も夜間照明に変わって、並木通りにクリスマスの彩りを添えています。外から見るのも美しい展覧会です。

201601 1009

展覧会のホームページはこちらから
ノエビア銀座ギャラリー

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。