N・S・ハルシャ展 -チャーミングな旅-

力強い色彩で水玉や網目が無限に増殖する草間彌生(1929~)の世界に対し、インド現代美術界で活躍するN・S・ハルシャ(1969~)は、やわらかな色彩でモチーフを反復して描きます。画面いっぱいにたくさんの人を描いても、同じ人は二人といません。表情、しぐさ、衣服など全て異なる人々が、世界の縮図のように描かれます。

故郷である南インドのマイスールを拠点に、人物や動物、宇宙などのモチーフをユーモラスに、またシニカルに反復して描く、N・S・ハルシャの大規模個展が森美術館で開催されています。
<会期:2017年2月4日(土)~6月11日(日)>

201701 158

表現スタイルを確立する契機となった作品は、「私たちは来て、私たちは食べ、そして私たちは眠る」(1999-2001)と題した3点組の絵画。
無数の人々がどこからか、川を渡ってやって来ます。
201701 150

人間の根源的な活動である、食べることと眠ること。眠ることは、宇宙と一体になる儀式だといいます。
201701 151

201701 149

「ここに演説をしに来て」(2008)は、6枚のキャンバスに2000人以上の人が描かれています。よく見ると、フリーダ・カーロ、考える人、宇宙服を着た人、鳥人間やゾウ人間なども。
201701 152

「ピーチクパーチク」(2014)では、鳥人間が望遠鏡と顕微鏡をのぞいています。宇宙の星など、どこまでも遠くを見る望遠鏡と、細胞などどこまでも細部を探求する顕微鏡。哲学的な世界観なのかもしれません。
201701 157

「ふたたび生まれ、ふたたび死ぬ」(2013)は、全長24mを超える、大きな一筆書きのような絵画。黒の曲線の中には、宇宙の星がびっしりと描かれています。連続した宇宙空間のようにも、輪廻転生のようにも。
201701 156

インスタレーション「空を見つめる人びと」(2010)は、空を見つめる人々が床に描かれ、天井の鏡に映っています。中に立って、上を見上げると、鏡に映った人々といっしょに空を見つめているように感じられます。下の写真は天井の鏡に映った人々です。
201701 153

インドの歴史、文化、そして宇宙へのチャーミングな旅。見れば見るほど発見のある旅にいらっしゃいませんか。

こちらの記事もぜひ
草間彌生 わが永遠の魂

展覧会のホームページはこちらから
森美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: