スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よみがえるバロックの画家 グエルチーノ展

イタリアのバロック絵画を代表する画家とされるグエルチーノ(1591~1666)。ゲーテやスタンダールも彼を高く評価していたといいます。グエルチーノが生まれたボローニャ近郊の小さな町チェントは、2012年5月、地震に襲われ、美術館や教会は大きな被害を受けました。グエルチーノの充実したコレクションを所蔵するチェント市立絵画館は閉館し、復旧のめども立っていないそうです。震災復興事業として、グエルチーノの絵画が国立西洋美術館に貸し出され、収益の一部が絵画館の復興にあてられます。
<会期:2015年3月3日(火)~5月31日(日)>

201501 197

すばらしいのは、ドローイングなどを含めず、油彩画で構成されていること。しかも、大きな作品ばかりです。画家の名前を謳いながら大型の油彩画は数点しかなく、がっかりした経験はないでしょうか。ドラマティックで重厚な、油彩画大作が並んでいる様は圧巻です。

「キリストから鍵を受け取る聖ペテロ」(1618)は、378×222cm。天国への鍵である金の鍵と、地上での権力を表す銀の鍵の両方を受け取る聖ペテロ。空を飛ぶ天使が鑑賞者に向かって飛び出すように見えるなど、躍動感のある構成。エンジ、ブラウン、青を使用した、印象的な色彩。強い明暗の表現で、キリストの顔など明るい部分が浮き上がって見えます。思わず敬虔な気持ちになって、大画面を凝視してしまいます。

「聖イレネに介抱される聖セバスティアヌス」(1619)のように、傷ついた聖セバスティアヌスを手当てする場面でも、メスを立てる医者や海綿で血をぬぐおうとする聖イレネなど、今にも動きだしそうで、まるでドラマを見ているかのよう。

グエルチーノの画風は、ローマ滞在(1621-23)を境に、落ち着きのある構図と明快な形態に変化したといいます。「放蕩息子の帰還」(1627-28)は、ガラス窓から差し込む光で表現され、おだやかな雰囲気も感じられます。

天に上っていく聖母と天使たちを、下から見上げる構図で描いた、サンティッシモ・ロザリオ聖堂の天井画「聖母被昇天」(1622)。救いを求めるかのように天を見上げる独特のポーズが印象的な女性像など、次々と現れる作品群とじっくり対峙してみてはいかがでしょうか。

展覧会のホームページはこちらから
国立西洋美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。