スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画鬼暁斎 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル

幕末明治期の異色の絵師、河鍋暁斎(1831~89)。美人画、風景画、幽霊画、戯画から春画まで、異なるテイストで描かれた作品は、ひとりの絵師が描いたとは思えないほど。6歳で浮世絵師歌川国芳に入門し、9歳で狩野派に転じたといいます。浮世絵と狩野派の技量と精神を合わせ持っていたのです。

暁斎は、上野博物館、鹿鳴館、ニコライ堂、そして三菱一号館を設計したコンドル(1852~1920)が、師事した人物でもあります。優れた技量が感じられるバラエティ豊かな暁斎の作品を、弟子との由縁深い三菱一号館美術館で見ることができます。
<会期:2015年6月27日(土)~9月6日(日)>

201505 203

楽器を奏でたり碁盤を囲んだり、遊び騒ぐ骸骨たちの夢を見る地獄太夫(1874)や、「放屁合戦図」(1870)などユニークな絵も多い暁斎ですが、正統派の絹本墨画「鯉魚遊泳図」(1885~86)も見逃せません。水底にひそむ鯉、水中で身をひるがえす鯉など、異なる姿の9尾の鯉が描かれ、どれも生きているかのようです。

メトロポリタン美術館が所蔵する100図の画帖(1888頃)の一部が里帰りしていますが、そこに描かれている動物たちのいきいきとした様も見事です。球のように丸まって眠る2匹の猿の、ふさふさした毛並みと幸せそうな表情。蛙を捕らえる猫や、とかげを食べるうさぎの力強さ。そして、存在感のあるミミズクや鷲。

素敵な美人画は「美人観蛙戯図」(明治前半)。うちわを手に、庭の灯篭の側にしゃがみこむ美女が眺めているのは、蛙の相撲。たくさんの蛙の中には、美女と同じように膝をかかえる蛙もおり、相撲ではなく美女をみつめているような…。

伊藤若冲、曾我蕭白も高い人気がありますが、暁斎によって、日本美術がまた再評価されそうです。

展覧会のホームページはこちらから
三菱一号館美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。