三浦啓子グラスアート展 光の軌跡

街のそこここで、クリスマスイルミネーションが華やいだ輝きを放つ季節。ギャラリー内に展示されているのは、バラをモチーフとした衝立やドームランプ、クリスマスツリーを描いたキューブランプ、そして、色とりどりのガラスをはめ込んだアルミキューブなどのグラスアート。色鮮やかなガラスを黒の樹脂でつないで作られています。銀座、並木通りにあるノエビア銀座ギャラリーで、この季節にぴったりの輝きの展示が開催されています。
<会期:2015年11月2日(月)~2016年1月8日(金)>

201505 581

展示作家である三浦啓子さんは、国内外の教会、ホテル、公共施設など、建築物を彩る作品を多数手がけるグラス・アーティスト。過去に教会を訪れた際、ステンドグラスごしに差し込む光の美しさに心をうたれ、「この光をなんとか自分の手で表現したい」と思ったことが、作品づくりの始まりだったそう。渡米し、ハーバードアートスクールでステンドグラスを学ばれますが、「戦慄を覚えるような迫力を表現したい」と、ガラスやガラスを支える素材にもこだわって、独自の技法を開発されました。

それは、分厚いガラスをハンマーで彫刻のようにカットし、樹脂で結合させる「ロクレール」という技法。一見、ステンドグラスのようですが、ステンドグラスより4~5倍も厚いガラスが使用されているとのこと。手作りのガラスをハンマーでカットするため、内部の気泡やハンマーの跡など、ひとつひとつのガラスに表情があり、オーラのような光の芸術を創造します。ランプ以外の作品にも照明があてられており、ガラスを透過する光で作品自体が光を放ち、魂を宿しているかのように感じられます。

クリスマスイルミネーションと合わせて、光のアートが堪能できます。
201505 570

展覧会のホームページはこちらから
ノエビア銀座ギャラリー

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: