スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボッティチェリ展

ヨーロッパでは中世後期から、聖母マリアと幼子イエスを描いた作品が好まれ、ルネサンス期のマリアは、威厳に満ちた聖母ではなく、魅力的なひとりの女性として描かれるようになったといいます。ボッティチェリ(1444/45~1510)の描く、金髪で面長のマリアは、まさに愛に満ちてやさしく、理想の女性美が投影されているかのよう。

日伊国交樹立150周年を記念して、聖母子像を含むボッティチェリの作品20点以上が、東京都美術館に集いました。
<会期:2016年1月16日(土)~4月3日(日)>

201601 080

メインビジュアル「聖母子(書物の聖母)」(1482~83)は、円熟期の傑作といわれるにふさわしく、流麗な線で緻密に描かれた優美さ漂う作品。家庭の日常の一コマのような室内には、憂いを含んだ表情のマリアと、その膝に抱かれてマリアを仰ぎ見るイエス。イエスが手にする茨の冠と3本の釘は、イエスの受難を暗示しているのだそう。この受難具や、聖母子の光輪、聖母の衣服の刺繍には金箔が使用され、フェルメールも魅了されたラピスラズリを用いたブルーがあざやかです。

さかのぼって、自分の工房を構える前に描かれ、初期の名品とされるのが、「バラ園の聖母」(1468~69頃)。バラの花と木々を背景に、少し首をかしげたマリアと、その膝の上のイエス。どちらの手も、復活の象徴であるざくろの実に触れています。丸みをおびた立体感のある人物像には、「聖母子(書物の聖母)」ほどの情感は感じられませんが、慈愛に満ちた素朴な印象。

また、ボッティチェリは、彼を庇護したメディチ家がフィレンツェから追放(1494)された後は、贅沢を禁じ宗教の腐敗を戒めた修道士サヴォナローラに傾倒。傾倒後に制作された「聖母子と洗礼者聖ヨハネ」(1500~05)には、深く腰を折り、イエスの身体をヨハネに預けようとするマリアが描かれています。ヨハネの持つ十字架から、イエスの十字架降下を暗示しているといいますが、沈鬱でおごそかな雰囲気であり、以前の優美な華やかさはもう感じられません。

フィレンツェの激動の歴史に深くかかわり、画風を大きく変えたボッティチェリ。師であったフィリッポ・リッピ(1406~1469)や、その子フィリッピーノ・リッピ(1457~1504)の作品も多数展示され、見ごたえのある展覧会です。

展覧会のホームページはこちらから
東京都美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。