ポンピドゥー・センター傑作展

パリのポンピドゥー・センターは、国立近代美術館に加え、図書館や音楽研究所も入る総合文化施設。美術、音楽、ダンス、映画など、芸術の拠点として1977年に開館しました。その所蔵作品から、フランス20世紀美術の選りすぐりの作品が東京都美術館に集結しています。

ユニークなのは、1906年から1977年に制作された作品を、1年1作家1作品で紹介していること。重複はありませんので、71人の作家に出会うことができます。作家のプロフィール、肖像写真、作家自身の言葉も紹介されていますので、知らない作家でもとまどうことがありません。その時代を生きていたかのように、芸術を追体験できる空間が広がっています。
<会期:2016年6月11日(土)~9月22日(木)>

201601 485

1906年、デュフィ(1877~1953)「旗で飾られた通り」から始まります。フランス革命記念日の町の主役は、高く掲げられたトリコロールの旗。俯瞰的な構図の中で、旗の向こうに通りを歩く人々が小さく描かれています。

1917年は、シャガール(1887~1985)「ワイングラスを掲げる二人の肖像」。白いウェディングドレスをまとった妻のベラに肩車され、ワイングラスを掲げる陽気なシャガール。喜びにあふれた画面は、面で形がはっきりと塗り分けられ、新鮮なタッチです。

1926年、ロベール・ドローネー(1885~1941)「エッフェル塔」は、オレンジ、黄色、ブルーなど心躍る色彩。下から見上げる角度で塔が描かれ、希望の象徴のように感じられます。1935年、ピカソ(1881~1973)「ミューズ」は、眠っている女性の横で、もう一人の女性が鏡に映った自分の姿を描いています。黒の輪郭線に、ブルーやグリーンの涼やかな色彩が印象的な作品です。

1936年は、パブロ・ガルガーリョ(1881~1934)の彫刻作品「預言者」。腕を上げ、口を大きく開けた預言者が、骨格の一部だけを肉付けしたかのように、形のある部分と空洞の部分とで表現されています。不思議な迫力に満ちています。

1960年になると、ガスマスクを箱の中に敷き詰めた、アルマン(1928~2005)「ホーム・スウィート・ホーム」のような作品が登場。赤瀬川原平が好みそうです。1969年、アガム(1928~)「ダブル・メタモルフォーゼⅢ」は、絵の前を鑑賞者が動くことで変化して見える、だまし絵のような作品。

フォービスム、キュビスムなどから現代アートへと、時代の流れによって、さまざまに変化する芸術。パリを拠点に活躍している建築家、田根剛氏が担当した展示デザインもすばらしく、東京都美術館の3フロア、各階によって異なる展示空間にも魅了されます。

展覧会のホームページはこちらから
東京都美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: