スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

日伊国交樹立150周年ということで、今年は、ボッティチェリ、カラヴァッジョからポンペイの壁画に至るまで、イタリア美術を堪能する恩恵に浴しています。そしてこの夏、国立新美術館で見ることができるのは、選りすぐりのルネサンス期ヴェネツィア絵画。特に、高さ4メートルを超えるティツィアーノ(1490頃~1576)の大作「受胎告知」(1563~65頃)は、サン・サルヴァドール聖堂の祭壇画を持って来てしまったというから驚きです。
<会期:2016年7月13日(水)~10月10日(月)>

201601 665

展示室の赤の壁面にただ1点掛けられた「受胎告知」。入ったとたん、その大きさに息をのみます。上部の天が開き、光とともに舞い降りる聖霊の鳩。天には、金褐色で描かれた無数の天使たち。下部には大天使ガブリエルと、そのお告げをヴェールをつまみあげて聞くマリア。縦長の構図が存分に生かされ、なんともドラマティック。

ルネサンスと一口にいっても、フィレンツェの画家たちが整然とした構図であったのに対し、ヴェネツィアの画家たちは大胆かつ劇的な構図で、色彩表現も豊かであったとのことですが、この作品を見るとよくわかります。

また、描かれている主題が共通であることが多いので、比較する楽しみもあります。受胎告知の三連画のひとつである、ボニファーチョ・ヴェロネーゼ「父なる神のサン・マルコ広場への顕現」(1543~53)には、雲と一体となって空に現れる父なる神の側に、ティツィアーノも描いた聖霊の鳩が。

マリアやキリスト以外に、よく描かれる聖ヒエロニムスは、聖書をラテン語に翻訳した神学者で、白髪でヒゲの老人。ライオンを従え、枢機卿の赤い帽子や書物などがいっしょに登場します。修行中に性的妄想をしてしまったときには、右手に持った石で自らの胸をたたいて戒めたとか。本展の何作かでも見ることができます。

創世記に基づく天地創造の場面やノアの箱舟。王の息子にいいよられ、自ら命を絶ったルクレティアや、愛の女神ヴィーナスなども知られたモチーフです。そして、聖母子。ジョヴァン二・ベッリー二(1430頃~1516)「聖母子」(1485~90)の背景には、雲に乗った赤い智天使が描かれていますが、丸い顔から羽が生え、ユルキャラのように個性豊かです。

奇跡のような大作を含む約60点が楽しめます。

展覧会のホームページはこちらから
国立新美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。