FLOWERS BY NAKED フラワーズバイネイキッド 魅惑の楽園

満開の桜の木の下で春を胸いっぱいに感じたとき、そして、大輪のバラの花束を手にしたとき。花はその色やかたち、匂いで五感を魅了し、幸せな気持ちをもたらしてくれます。この夏、生花、オブジェ、映像、インタラクティブ、香りなどに独創的な演出を凝らし、「花」を五感で楽しめるイベント「フラワーズバイネイキッド(FLOWERS BY NAKED) 魅惑の楽園」が、六本木の東京ミッドタウン・ホールで開催されています。
<会期:2016年7月30日(土)~8月31日(水)>

201601 640

会場に入ると、花の香りに包まれ、美しい花の映像のデジタルブックのページが開いて、「魅惑の楽園」がスタートします。「フラワーズバイネイキッド」は、花をテーマに、本物の植物とプロジェクションマッピングが融合した、デジタルアートのイベント。今年初めにも開催され、70000人を超える人々を魅了したというイベントの夏バージョンです。手がけたのは、クリエイティブカンパニー「NAKED」。新江ノ島水族館のナイトアクアリウムや、東京駅のプロジェクションマッピングなどでも注目を集めています。

次々と現れる、トロピカルな花と映像技術のコラボレーション。例えば、巨大なクジャクの羽根をモチーフにした壁面アート「MOSAIC FLOWERS」。モザイクアートでできた羽根の前に立つと、目の前にハイビスカスやプルメリアなど「自分の花」が咲き、花言葉が表示されます。

201601 658

ひまわりをイメージした「SUN FLOWER」では、高さ6メートルの塔の中央にあるひまわりのオブジェに触れると、塔にひまわりの花がマッピングされ、ひらひらと花びらが舞い落ちます。

201601 647

総合演出を務めたのは、NAKED代表の村松亮太郎さん。デジタル技術を使うのは、画家にとっての筆のような感覚だといいます。最新のテクノロジーに使われてしまうのではなく、いかに人に寄り添い、人にとって気持ちのよいことができるかを常に考えているのだとか。

都会の真ん中で味わう、真夏のファンタジー。新しい技術で自然に癒される、そんな空間を体感してみませんか。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: