スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝井閑右衛門展 空想の饗宴

モダン東京と呼ぶにふさわしい、関東大震災から復興を果たした1930年代の東京。そんな時代の空気を感じさせる1枚が、朝井閑右衛門(1901~1983)の「丘の上」(1936)です。神奈川県立近代美術館所蔵の傑作を、練馬区立美術館で見ることができます。
<会期:2016年9月18日(日)~11月13日(日)>

201601 800

500号の大画面には、一角獣の獣面をかぶった道化師を中央に、楽器を奏でる3人の男性とダンスを踊る3人の女性、7人の饗宴が描かれています。花模様のドレスを着て踊っている女性は、ボッティチェリ「春」(1482頃)に描かれた花の女神を彷彿とさせます。丘の上の神殿を思わせる白い柱には花が咲き乱れ、ざくろ、ぶどう、バナナなど果実の恵みも山盛りに。自身では「のどかな春の午後の雰囲気を描いた」と述べていますが、赤紫を基調としたモデレートな色彩の中に、どこか憂鬱なムードを漂わせているところが、たまらなく魅力的です。朝井は、本作品で文部大臣賞を受賞しています。

同時期に描かれた、関東大震災後の近代都市東京の街並みを題材とした「東京十二景の内」連作も、どこかヨーロッパの雰囲気が感じられ、心惹かれます。

「丘の上」は、新橋第一ホテルに飾られましたが、ホテルはGHQに接収され、接収後、かなり破損した状態で見つかったといいます。朝井が作品を取り戻し預けたのは、今も上野に店を構える「浅尾拂雲堂」。朝井はここのオーダーメイドの額縁が、大のお気に入りであったとか。

1950年、朝井は「閑右衛門自像昇天之図」として自分が死んだところを描いていますが、戦後は、絵具を厚く重ねたゴツゴツした筆致が目立つようになり、1930年代のムードはもう感じられません。1960年頃に描かれた、三好達治、草野心平、室生犀星、萩原朔太郎らの肖像画は味わい深く、彼らへの愛情を感じますが。

晩年の朝井は、鎌倉市由比ガ浜にアトリエを構え、人形や壷、木馬、メリーゴーランドなど気に入ったものをところ狭しと並べて創作していたといいます。絶筆となった「薔薇」(1983)は、壷に活けられた薔薇が画面一面に描かれ、重ねられた絵具は高いところでは2cmほども。「画面の上で新種の薔薇を咲かせている」つもりで描いていたそうですが、身の回りに置いた品々も画面の中の新種の薔薇も、最後まで愛したものだったのでしょう。

展覧会のホームページはこちらから
練馬区立美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。