小田野直武と秋田蘭画

1774年、ドイツ人医師クルムス原著のオランダ医学書「ターヘル・アナトミア」を杉田玄白らが訳し、「解体新書」として刊行しました。その挿絵を描くことに抜擢されたのが、当時25才、秋田藩の小田野直武(1749~1780)。原書の銅版画を小田野が写しとり、その下絵に基づいて木版で刷られたといいます。

徳川吉宗が洋書の輸入を緩和したことから、ヨーロッパの学術・文化を研究する蘭学が盛んになっていた江戸時代半ば。江戸に上り、蘭学者とも交流した小田野は、「秋田藩氏が中心に描いた阿蘭陀風の絵画」=「秋田蘭画」の中心的な描き手でもありました。この「秋田蘭画」を特集する展覧会が、サントリー美術館で開催されています。
<会期:2016年11月16日(水)~2017年1月9日(月)>

201601 997

メインビジュアルは、小田野が描いた重要文化財「不忍池図」(18世紀)。不忍池の淵にぽつんと置かれた二つの鉢植え。この状況からしてミステリアスですが、はっきり描かれた近景の花と、遠く煙るように描かれた背景との対比や、うすく塗られた空と池のブルーが、静かで時間がとまったかのような不思議な雰囲気を醸し出しています。

手前の鉢には、赤と白の芍薬。奥の鉢には、キンセンカと青の薬用サルビア。季節の違う花が描かれているため、四季を描いたのではないかともいわれているそう。近景の花はリアルで、芍薬のつぼみと茎には、3匹の蟻まで描写されています。

近景を拡大し奥行きのある遠景を描く構図は、秋田蘭画の特長とのことで、小田野の「蓮図」(18世紀)や、秋田藩主であった佐竹曙山(1748~1785)「松に唐鳥図」(18世紀)にも見ることができます。

もともと、小田野が江戸に上ったのは、平賀源内(1728~1779)が秋田を訪れた際、小田野の画才を見出したことがきっかけともいわれ、源内は小田野に遠近法や陰影法など西洋絵画の技法を教えたとされています。その源内は、人を殺めたとして獄死。小田野も1779年、突然謹慎を命じられ、翌年32才で死去。主要人物が相次いで世を去ったことで、秋田蘭画が注目されるのは20世紀以降になってしまったとか。

どこかシュールな雰囲気が漂う秋田蘭画の魅力を堪能するチャンスです。

展覧会のホームページはこちらから
サントリー美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: