スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAVID BOWIE is デヴィッド・ボウイ大回顧展

1947年1月8日に生まれたデヴィッド・ボウイは、69歳の誕生日である昨年1月8日に新アルバム「★(ブラックスター)」を発売。その2日後の1月10日にこの世を去りました。70歳を迎えるはずだった2017年1月8日から天王洲・寺田倉庫G1ビルで始まった大回顧展は、2013年に英国のヴィクトリア・アンド・アルバート博物館が企画したもの。世界9ヶ国を巡回し、日本での開催となりました。
<会期:2017年1月8日(日)~4月9日(日)>

201701 110

特長的なのは、ひとりひとりに提供されるヘッドフォンを装着して鑑賞すること。自ら操作する必要はなく、展示物に応じてセンサーが反応し、楽曲やインタビューを自動的に聞くことができます。

随所に展示されており目を引くのが、ユニークで華麗な衣装です。まず最初に出会うのは、山本寛斎がボウイのツアーのためにデザインしたストライプスーツ。「派手な衣装を」と依頼された寛斎が、日本の武士や歌舞伎にインスパイアされて制作したとか。袴が大きく膨らんだようなボリューム感と、等高線のようなストライプが迫力満点。

他の衣装も手がけた山本寛斎だけでなく、ジャケット写真などでボウイを40年以上撮り続けた鋤田正義など、ボウイは日本のクリエーターと積極的にコラボレーションしていました。ボウイが描いた三島由紀夫の肖像画も展示されています。愛読書が「午後の曳航」であったとは驚きですね。

何気なく聞いていた「スペース・オディティ」が映画「2001年宇宙の旅」にインスパイアされていたり、アポロの月面着陸とリンクしていたり、曲の背景が紹介されているのも興味深いところです。

そして圧巻なのは、ショウ・モーメントのセクション。四方の壁面一面に、四角く区切られたスクリーンが並んでいます。あるときはそのひとつひとつに映像が投影され、あるときは全てを連結して大スクリーンに。奥に衣装が展示された区画もあり、透けて見えたり、映像と重なったり。変幻自在に変化しながらライブ映像が堪能でき、音響と映像に感動。思わず、立ち尽くしてしまいます。

他にも自筆の譜面やアイディアメモ、デザイン画など、濃密な展示内容です。

201701 111

展覧会のホームページはこちらから
デヴィッド・ボウイ大回顧展

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。