スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティツィアーノとヴェネツィア派展

ルネサンス期のイタリアにおいて、素描を重視したラファエロ(1483~1520)、ミケランジェロ(1475~1564)などフィレンツェの画家たちに対し、ティツィアーノ(1488/90~1576)を筆頭としたヴェネツィアの画家たちは、色を重視したといわれます。水の都ヴェネツィアで描かれた、豊かな色彩と光の表現にあふれた作品群を、東京都美術館で見ることができます。
<会期:2017年1月21日(土)~4月2日(日)>

201701 144

海に囲まれたヴェネツィアは湿度が高いため、早く乾くテンペラ画が主流でしたが、ぼかしや重ね塗りには向きませんでした。カンヴァスに油絵具で描くスタイルを取り入れたことで、光と色彩の表現を進化させることができたのだとか。輝くような色彩の表現は、女性像にも生かされています。ルノワールが敬愛したというティツィアーノの初期の代表作「フローラ」(1515頃)はどうでしょう。

201701 145

輝く金髪と白くふくよかな肌。右手にバラやジャスミンの花を持っていることから、花の女神フローラとされています。薬指に指輪をはめていることから、花嫁とも。バラ色のマントを纏い、白の肌着で片方の胸は覆われているものの、片胸はあらわ。貞淑さと奔放さが入り混じっているようにも感じられますね。

50代のティツィアーノが描いた「ダナエ」(1544-46)も肌の美しさが際立つ作品。裸で横たわる女性がうっとりとみつめているのは、黄金の雨。幽閉された王女ダナエの美しさに惹かれた神々の王ユピテルが、黄金の雨に姿を変えて彼女に降り注ぎ、交わっているのだそう。黄金の雨には金貨も混じっており、まるで、その代償として金貨を与えているようにも見えます。

ティツィアーノのパトロンたちは、より美しく官能的な絵画を彼に要望したといいますから、神話を利用して、それに応えたものだったのでしょう。クラーナハの描く裸婦もアクセサリーを身につけていましたが、ダナエもイヤリング、指輪、ブレスレットをしています。

ユピテルは白鳥にも姿を変え、王妃レダを誘惑します。その場面を描いたのが、ティツィアーノより次世代のティントレット(1519~94)の「レダと白鳥」(1551-55)。レダを画面の対角線上に描く大胆な構図と、背景の布の質感が見事です。誘惑されているというより、白鳥を愛玩しているようなレダも新鮮。

昨年、国立新美術館で開かれた「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」に続いて、ヴェネツィア派が堪能できます。

こちらの記事もぜひ
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

展覧会のホームページはこちらから
東京都美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。