スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草間彌生 わが永遠の魂

「世界で最も影響力のある100人」(2016年・米タイム誌)に日本人で唯一選ばれた草間彌生(1929~)は、日本が誇る不世出のアーティストといってもよいでしょう。1957年に渡米し、作品だけでなく、「ハプニング」と呼ばれるパフォーマンスでも話題に。帰国後も、ロンドンのテート・モダンやパリのポンピドゥ・センターでの個展を成功させ、2012年のルイ・ヴィトンとのコラボレーションでは、ニューヨーク5番街にあるルイ・ヴィトンビルのショーウィンドウにものすごい人垣ができたそうです。

そんな草間の初期作品から最新作までが、国立新美術館に集結しています。
<会期:2017年2月22日(水)~5月22日(月)>

201701 147

巨大な空間に足を踏み入れると、壁が色とりどりの大作絵画で埋め尽くされています。草間が2009年より描き続けている「わが永遠の魂」と題する連作です。

201701 165

1辺が2m近い正方形のカンヴァスには、眼や横顔といったモチーフや、うねる線、さまざまなかたちの色面が描かれ、色鮮やかにメッセージを伝えます。単色を下塗りしたカンヴァスに、アクリル絵具で下書きなしで描いていくのだとか。作品数は500点に及び、本展では約130点が日本初公開となっています。イメージされているのは、宇宙、生と死、そして愛など。少女時代から幻覚や幻聴に悩まされていたといいますから、鮮やかな色合いで表現されてはいるものの、すべてがHAPPYなメッセージではないのかもしれません。ですが、圧倒的な存在感で迫る作品群が、心を満たし、リセットし、何か新しい力を与えてくれるように感じられます。

201701 169

1950年代の暗い色合いの油彩は、絶望感が漂うよう。ニューヨーク時代に生まれた、突起物を貼り付けた椅子や梯子は、なぞの生命体を思わせます。そして、「死の海を行く」(1981)と題された、突起物に覆われたボート。「最後の晩餐」(1981)は、赤、緑、黒などを地にした水玉の布の突起物で作られたテーブルと椅子のセット。テーブルの上には、ポットや果物かごが置かれています。展示のラストは、草間の代名詞ともなった「かぼちゃ」(1999)です。

「芸術と制作に命がけで戦っている」という草間は、「死ぬまで戦い続けたい」とも。創造の意欲と芸術への希望に溢れた草間の魂に、心地よく圧倒されます。

201701 170

201701 148

展覧会のホームページはこちらから
国立新美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。