スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ 写真であそぶ

生涯アマチュア精神を貫き、写真を撮ることを楽しんだふたりの写真家、植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ。今見てもモダンで洒落た、そして、ちょっと不思議なそれぞれの世界観を堪能できる展覧会が、東京都写真美術館で開催されています。
<会期:2013年11月23日~2014年1月26日>

img 434

フランス生まれのジャック・アンリ・ラルティーグ(1894~1986)は、植田正治(1913~2000)がもっとも尊敬する写真家だったそうです。植田正治も少年の頃から写真を撮り始めていますが、ジャック・アンリ・ラルティーグがカメラを手にしたのは、なんと、7歳。その頃から、「動くもの」に興味があったのだとか。ふたりにとってカメラは、一瞬が永遠に残せる、魔法の道具だったのかもしれません。

植田正治の写真が、人物をオブジェのように演出して配置し、その「間」を楽しむ“静的世界”だとすれば、ジャック・アンリ・ラルティーグの写真は、人物と自然の動きの「一瞬」を楽しむ“動的世界”。マニキュアをした手にかかる水しぶき、川に飛び込む瞬間、スケートで氷をけった瞬間、グライダーで飛び立つ瞬間、柔術でもつれあう若者や二輪車で転倒する女性まで、その一瞬がいきいきと切りとられています。ジャック・アンリ・ラルティーグは、幸せな一瞬が消え去っていくことに耐えられず、写真を撮るようになったそうですが、それがよくわかる作品群です。

そして、ふたりに共通して感じたのが、被写体である人物への愛情でした。愛情に満ちていたからこそ、写真を撮ることが楽しめ、それが、アマチュア精神を貫いたと言われる所以かもしれませんね。

生誕100年を迎えた植田正治の展覧会は、東京ステーションギャラリーでも開催されています。こちらの記事もぜひ。
生誕100年! 植田正治のつくりかた

植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグのホームページはこちらから
東京都写真美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。