スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マティスとルオー展

20世紀最大の宗教画家と呼ばれるルオー(1871~1958)と、色彩の魔術師と呼ばれるマティス(1869~1954)。それぞれに個性を際立たせるふたりの画家は、パリの国立美術学校でともに学んでいました。指導にあたったのは、聖書や神話を題材とした幻想的な作風のギュスターヴ・モロー(1826~1898)。ふたりの個性を巧みに引き出したといいます。

卒業後もマティスとルオーは、1906年からマティスが亡くなる前年の1953年まで、手紙のやり取りをしていました。展覧会への出品についてや、お互いの健康を気遣うなど、内容はさまざま。ふたりの手紙を紹介しながら、その時期の作品を年代に沿って鑑賞できる展覧会が、パナソニック汐留ミュージアムで開催されています。
<会期:2017年1月14日(土)~3月26日(日)>

201701 237

1890年代の初期作品から年代を追って、ふたりの絵画スタイルの変遷を見ることができるのは、みどころのひとつです。マティスの作風が明るく変化するのは、ニースに滞在したという1920年ごろ。海の見える窓辺に立つ女性を描いた「窓辺の女」(1920)には、やわらかな光が満ちています。「肘掛椅子の裸婦」(1920)にも、ストライプのテーブルクロスや花模様の絨毯に、マティスならではの装飾的な趣が感じられます。そして、色を切り取り、リズミカルに配置した「ジャズ」(1947)へ。

一方、ルオーは14歳のとき、ステンドグラス職人の見習いをしており、独自の黒い輪郭線は教会のステンドグラスから発想したのだとか。詩画集「気晴らし」の原画(1943)のさまざまな人物像はどれも味わい深く、15点そろっての展示は世界初とのこと。もちろん、キリストの顔を画面いっぱいに描いた「聖顔」(1939)など宗教的な題材も。

ナチスによるパリ占領期に、ギリシア出身の出版人テリアード(1897~1983)が発行した芸術誌「ヴェルヴ」(1937~1960)関連の展示も充実しています。世界一美しいと称えられた「ヴェルヴ」は、フランス美術をちりばめることで、ナチスへの抵抗を表明したそうです。創刊号の表紙はマティス作で、ルオーも表紙画を描いています。マティス「ラ・フランス」(1939)には、赤のドレスをまとった堂々とした女性像が鮮やかな色彩で描かれ、フランスの誇りが感じられます。本作を掲載した「ヴェルヴ」本誌も展示されています。

第二次世界大戦をはさむ激動の時代を生きた、ふたりの画家。ナチスに家族を捕えられ困窮していたルオーに、マティスが絵具を溶く油を送ったというエピソードもあり、時代と芸術についても考えさせられます。東京での会期はあとわずかですが、あべのハルカス美術館に巡回予定です(2017年4月4日~5月28日)。

展覧会のホームページはこちらから
パナソニック汐留ミュージアム

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。