スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今森光彦 写真&ペーパーカット展 楽園の昆虫たち

壁面に飾られた写真には、昆虫が遊ぶ、色鮮やかな自然の景色。その前には、細密に作られた切り紙の昆虫が展示されています。はさみ1本で切り出されたという切り紙の昆虫は、色、かたち、模様が細部まで表現され、透明な翅はクリアファイルで作られたそう。白を基調としたノエビア銀座ギャラリーには、展覧会タイトルのとおり、楽園の昆虫たちが息づいていました。
<会期:2017年6月12日(月)~9月1日(金)>

201701 609

里山をテーマとした作品で知られる今森光彦は、写真家とペーパーカット作家というふたつの顔を持っています。写真家としての今森は、琵琶湖を望む田園にアトリエを構え、琵琶湖周辺の里山を30年以上撮り続けながら、アトリエの周りに木を植え、雑木林や庭を作りました。「オーレリアン(蝶を愛する人)の庭」と名付けられた庭は、生き物とともに暮らすために作られた、今森だけの里山。雑木林の落ち葉の陰で冬を越した昆虫が、新緑の季節の訪れとともに活動をはじめます。今森は、春に蝶が集まる花が咲くように、低木は冬の間に剪定し、昆虫たちが冬を越しやすいように、隠れ家となる落ち葉を地面に残すなど、昆虫が暮らしやすい工夫をこらしているのです。

「昆虫は、私にとって被写体である以前に、常に敬意を払うべき生命」という今森は、日本だけでなく、熱帯雨林や砂漠まで世界各地で昆虫を撮影し、昆虫の生命の輝きを伝えています。そして、昆虫は、切り紙作品のモチーフでもあり、自然の中で「美しい」と感じたその感動を「紙」と「はさみ」で表現しています。細部まで表現された切り紙の昆虫は、今にも動き出しそうです。

ノエビア銀座ギャラリーには、美しい自然環境の中で生命を育む昆虫の「写真」と「切り紙作品」が合わせて展示されています。今森の琵琶湖の田園近くで過ごした幼少期や、写真家として世界各国を訪れ、多くの“本物”を見てきた経験がいかされた作品のかずかず。身近な生命である昆虫を通して、地球という星の豊かさを伝える今森のメッセージが感じられます。

展覧会のホームページはこちらから
ノエビア銀座ギャラリー

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。