スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本美術院再興100年 世紀の日本画

岡倉天心(1863~1913)は、西洋化が第一義とされた明治時代に、日本伝統美術の価値を認め、東京美術学校を設立し、27歳の若さで校長に就任します。ところが、1898年(明治31年)、学校内部の確執から同校を追われ、一緒に辞職した横山大観(1868~1958)、下村観山(1873~1930)ら26名とともに日本美術院を創設します。大正初年には休止状態にありましたが、1914年(大正3年)、天心の一周忌を期して再興されました。再興100年を記念して、同人の名品のかずかずが東京都美術館で展示されています。
<会期:2014年3月1日~4月1日(後期)>

022.jpg

再興された日本美術院においては、大正時代の自由を尊重する芸術を理想とし、「教師なし先輩あり」の自由研究を重要としていたといいます。日本画以外に、洋画部、彫刻部もありました。小杉未醒(1881~1964)の「山幸彦」(1917)は、山幸彦と豊玉姫の出会いを描いていますが、ポーズをとる人物の配置と淡い色彩が特長的な油彩。年初からBunkamuraで展覧会が開催されていたシャヴァンヌ(1824~1898)の影響が指摘されています。平櫛田中(1872~1979)の「禾山笑」(1914)は、椅子に腰かけた禾山和尚がのけぞりながら大口を開けて大笑する木彫。豪放磊落であったであろう禾山の人となりを感じることができます。

横山大観は「作品の対象は自然と人生」と述べていたといいます。自然が対象の日本画として、格調の高さを感じる2品を。前田青邨(1885~1977)の「芥子図屏風」(1930)は、芥子の群生を描いていますが、一見して白の連なりに見えながら、白の芥子の花のひとつひとつが丹念に描写されています。小林古径(1883~1957)の「孔雀」(1934)は、緑青と金泥のみのシンプルな画面に、孔雀の羽の1本1本が丁寧に描かれ、気品に満ちています。

人物が対象の日本画として、力強い存在感を放つ2品を。女性としてはじめて同人となった小倉遊亀(1895~2000)の「コーちゃんの休日」(1960)は、越路吹雪をモデルとしていますが、赤の背景に白の浴衣姿で椅子に寝そべる彼女が描かれています。足の親指の表情やそり具合、ものうげなのに見据えるようなまなざしなど、生身の女性の生命感を感じます。片岡球子(1905~2008)の「面構(歌川国芳)」(1977)は、絵筆を手にした国芳と仕上げた作品がひとつの画面に並べられています。国芳のアクの強い面構も相当なものですが、国芳の背景はオレンジで、作品の中の女性は雨の中、ブルーの傘を広げており、色彩の対比も迫力があります。どちらも一度見たら忘れられません。

他にも近代日本画の巨匠たちが勢ぞろいしており、「世紀の日本画」が堪能できます。
会期はあとわずかです。

展覧会のホームページはこちらから
東京都美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。