スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クールな男とおしゃれな女 絵の中のよそおい

絵画の中の人物は、さまざまな衣装をまとっています。平安装束の色男や、個性的な出で立ちの戦国武将はクールな男。また、匂い立つように艶やかな和装や、モダンな洋装のおしゃれな女。絵画の中の「よそおい」を切り口とし、その美意識を楽しむ展覧会が山種美術館で開催されています。
<会期:2014年5月17日~7月13日>

319.jpg

描かれた男は、和装が中心。平安時代、車中の女の気をひこうと蛍を放つ源至は、たっぷりとした狩衣で雅なよそおい<小林古径(1883~1957)「蛍」(1912)>。奇抜なふるまいで知られた織田信長は、虎と豹の皮の半袴がユニークです<前田青邨(1885~1977)「異装行列の信長」(1969)>。前田青邨は「日本の鎧ほど美しいものはない」と述べており、眼光鋭い三浦大介を、兜を抱いた姿で描いています<「三浦大介」(1966)>。ローマ法王に謁見した支倉常長は、イタリアの回廊を背景に紋付の肩衣袴で描かれ、まるで異空間にワープしたかのようです<守屋多々志(1912~2003)「慶長使節支倉常長」(1981)>。

女性のよそおいは、バリエーション豊かで、美しく見ごたえがあります。特に、美人画の第一人者である伊東深水(1898~1972)の描く女性は、どれも艶やかです。「婦人像」(1957)は、金をバックに、白い帽子と赤い手袋、赤い花柄のワンピースをまとった洋装の女性像。女優の木暮実千代がモデルとのことですが、華やかな気品に目を奪われます。和装の「吉野太夫」(1966)は、桜が背景。打掛には、花を描いた扇を散らし、なんともあでやかです。片岡球子(1905~2008)「むすめ」(1982)は、着物からはみださんばかりに描かれた、色鮮やかな模様が見るものを圧倒します。

和装の女性は、髷を結い、かんざしや櫛をさして、おしゃれをします。着物の柄や色彩、帯との組み合わせにも工夫を凝らし、それぞれの美しさを際立たせます。画家バルテュス(1908~2001)は、日本人の節子夫人に着物姿を望んだそうですが、着物の美しさの認識を新たにしました。

そして女性の美しさは、その仕草にも表れます。池田輝方(1883~1921)の「夕立」(1916)は、神社で雨宿りをする複数の男女を描いていますが、うつむいて濡れた着物の裾を絞る女性の仕草や、素足に草履をはき、やや内股の女性の足の仕草が、たおやかで心をつかまれます。鏑木清方(1878~1972)「伽羅」(1936)に描かれた女性の傍らには、髪に香をたきしめるための香枕が。目覚めたばかりの女性は、朝顔の小袖をまとって半身を起こし、下半身は、花菖蒲の小袖でおおわれています。風情のある色香が漂う作品です。

一番のお気に入りを探してみるのも楽しいのではないでしょうか。

展覧会のホームページはこちらから
山種美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。