スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガウディ×井上雄彦 シンクロする創造の源泉

19世紀から20世紀にかけて、バルセロナを中心に活躍したアントニ・ガウディ(1852~1926)。建築家として、今も建設が進められているサグラダ・ファミリアをはじめ、カサ・ミラ、カサ・バトリョ、グエル公園など世界遺産にも登録されている作品を残しました。ガウディ自筆のスケッチや図面、建築模型などといっしょに、漫画家井上雄彦(1967~)がガウディの人間像を描いた作品を展示する展覧会が、森アーツセンターギャラリーで開催されています。
<会期:2014年7月12日(土)~9月7日(日)>

431.jpg

ガウディの子どもの頃の愛称は、トネット。手先が器用でしたが、リウマチを持ち病弱だったため、ひとりで動植物をじっと観察している少年だったとか。ガウディを描くにあたって井上雄彦は、バルセロナのサグラダ・ファミリアが見える部屋で1ヶ月間暮らし、カサ・ミラの1室にアトリエを構えたといいます。そんな井上雄彦の「トネット」(2013)は、感受性豊かなガウディ少年が、本当にそこに佇んでいるかのよう。

ガウディの建築は、独特の動きのある曲線が特徴的ですが、動植物など自然界のモチーフのかたちや色を作品に採用しているとのこと。自然を観察し、自然がつくる有機的な曲線を、建物の構造や細部に反映する―。ガウディの少年期の観察眼が、生涯にわたって、生かされたのかもしれません。

バルセロナで建築家として歩み始めたガウディは、新興のブルジョワであったアウゼビ・グエル(1846~1918)の庇護を得、グエルの邸宅やグエル公園などを設計します。グエル公園(1900~14)は、グエルが庭園に囲まれた住宅地をコンセプトに計画したプロジェクトで、ガウディも1区画を購入しました。

カサ・バトリョ(1904~06)の内観は海底洞窟、採光用中庭は深海をイメージ。カサ・ミラ(1906~10)の外観は、海の波をイメージしたといいます。森の木々や葉だけでなく、海の生き物、巻貝、洞窟、波、渦潮などが発想の源泉となったのも、バルセロナならではですね。

そんなガウディが、サグラダ・ファミリアに携わるのは、31才のとき。以来、40年の生涯をこの仕事に費やしました。1925年、73才のガウディは、聖堂内の敷地に居を構え、ミサと聖堂の建設のみに没頭します。ところが、翌年、ミサに向かう途中、路面電車にはねられ命を落としてしまうのですから、どんなに無念だったことでしょう。粗末なみなりのガウディを誰も天才的な建築家とは気づかず、手当が遅れたとも。

図面や建築模型などの貴重な資料に、井上が描くガウディ像が、奥行きを与えています。サグラダ・ファミリアの完成予定は、2026年。没後100年のガウディは、どんな顔でそれを見守るのでしょうか。

展覧会のホームページはこちらから
森アーツセンターギャラリー

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。