吉岡徳仁 クリスタライズ

倉俣史朗に学んだ吉岡徳仁の「吉岡徳仁 クリスタライズ」が東京都現代美術館で開催されています。
<会期:2013年10月3日~2014年1月19日>

会場では、まず、細長い白のストローを気の遠くなるくらい集積した作品が迎えてくれます。まるで、積もった雪の間を歩いているかのようです。次々と現れる「水槽の中で自然結晶を成長させて作り出す造形」もこの世のものではないくらい美しいのですが、思わず息をのんだのは、「虹の教会」でした。

img 296

ポスターに使用されている作品なのですが、その場に立ってみると荘厳な気持ちになります。500個ものクリスタルプリズムを見上げるほどに積み重ね、左右の壁に虹色の光を映し出す教会です。自然光の移ろいによって、ちがった表情を見せてくれます。20代前半の頃、南フランスにあるアンリ・マティスが設計した礼拝堂を訪れ、その明るくまばゆい光の体験が創造の原点になっているそうです。

商業デザインとして、イッセイミヤケのコレクションも展示されていますが、昨年、吉田美和を起用したCMがオンエアされていたファンケルの無添加スキンケアラインのボトルデザインも手がけられていて驚きました。

展覧会のホームページはこちらから。
東京都現代美術館 吉岡徳仁 クリスタライズ

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: