スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしたのジョー、の時代展

高度経済成長の一方で、旧来の社会体制への批判や反発から学生運動が高揚し、メッセージ性の高いフォークソングや前衛演劇が支持された時代。1967年から1973年まで、週刊少年マガジンに連載されたボクシング漫画「あしたのジョー」は、そんな時代の共感を得、社会現象ともいえるブームを巻き起こします。原作は高森朝雄(1936~1987・梶原一騎の別名義)、作画はちばてつや(1939~)でした。

ちばてつやの原画100点以上と、当時の演劇ポスターやレコードなど同時代の資料から、漫画の世界感と時代の空気感をよみがえらせる展覧会が、練馬区立美術館で開催されています。
<会期:2014年7月20日(日)~9月21日(日)>

514.jpg

1968年は明治100年にあたり、戦後の平和と経済発展から「昭和元禄」と謳われていました。反面、ベトナム反戦運動、70年安保闘争など社会に疑問を呈する活動も活発に行われます。そんな青年たちは、打たれても打たれても立ち上がり、戦い続ける主人公ジョーに、自分の姿を重ねることができたのでしょう。

ちばてつやの原画も大変魅力的ですが、同時代の資料が「あしたのジョー」の時代の空気を濃密に伝えてくれます。それは、岡林信康「山谷ブルース」(1968)、高田渡「自衛隊に入ろう」(1969)、あがた森魚「赤色エレジー」(1971)などのレコードジャケット。横尾忠則(1936~)、宇野亜喜良(1934~)、及川正通(1939~)などがデザインした天井桟敷の公演ポスター。

そして、若者文化の中心地だった新宿の雑踏を描いた、八木義之介(1930~1996)の「新宿風俗スケッチ」(1972)。ベルボトムや帽子、ジャケットなど、ファッションも細かく描かれています。1967年より、新宿で流しの写真家として撮影を始めた渡辺克己(1941~2006)のモノクロ写真は、ヌードスタジオ嬢やヤーさん、フーテンなどが被写体となり、時代のリアリティに満ちています。

三島由紀夫(1925~1970)も「あしたのジョー」のファンであり、毎週、発売日に少年マガジンを買っていたとか。アニメの主題歌を作詞した寺山修司(1935~1983)は、力石徹の告別式の総指揮も担当しています。1970年3月24日、講談社六階講堂で行われた力石の告別式には、小中学生、大学生、サラリーマンなど約800人が弔問に訪れ、超満員だったといいます。弔辞、追悼エキシビションマッチもあり、東京新聞の報道には、「こわい“マンガ連帯感”」の見出しが。

ボクシングに通じる肉体を用いた表現として、土方巽(1928~1986)のパフォーマンス映像(1968)も見ることができ、タイムトンネルに迷い込んだかのようです。リアルタイムに読んだことのある方はもちろん、題名しか知らない方にも興味深い展示となっています。

展覧会のホームページはこちらから
練馬区立美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。