スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢二からちひろへ ―子どもの本の先駆者たち―

明治末から大正にかけて、子どものための教育や本への関心が高まり、子ども向けの雑誌も創刊されました。童画という言葉が生まれ、それらの雑誌に描かれた絵は、当時の子どもたちに夢やあこがれを抱かせたことでしょう。竹久夢二(1884~1934)、岡本帰一(1888~1930)、清水良雄(1891~1954)、武井武雄(1894~1983)、初山滋(1897~1973)、深沢省三(1899~1992)、村山知義(1901~1977)、茂田井武(1908~1956)といった、子どもの本の先駆者である画家たちの作品を、いわさきちひろ(1918~1974)の作品とともに展示する展覧会が東京のちひろ美術館で開催されています。
<会期:2014年11月6日(木)~2015年1月31日(土)>

856.jpg

まず展示されているのは、竹久夢二が描くモダンな子ども像。水族館の魚に見入る子どもたち(1915)や、海を目の前にして砂浜に立つ子どもたち(1915)。いずれも後ろ姿ですが、目をきらきらさせた子どもたちの表情が想像できます。

絵雑誌「コドモノクニ」の絵画主任を務めたという岡本帰一が描いた、黒板にチョークで絵を描く子どもたち(1925)や遠足で一本橋を渡る子どもたち(1920)を見ていると、時代を経て、服装や食べ物や生活習慣が変わっても、子どもの本質は変わらないのではないかと思えてきます。

そして、最も心に残ったのは、戦後の混乱期に活躍した茂田井武。特に晩年、絵雑誌「キンダーブック」のために描かれた3枚が秀逸でした。「すてんどぐらす」(1954)には、大きな3つのステンドグラスの前に立つ、ふたりの子どもが描かれています。それぞれのステンドグラスには季節の情景が描かれ、春は花とうさぎ、夏は海の中の魚、秋はきのこと鹿。差し込む光が子どもたちを包み、まるで、ステンドグラスの中の世界に誘っているかのようです。

「とりよせのおじいさん」(1956)は、あざやかな緑の野原で、おじいさんがとりよせの笛を吹いています。集まってきた鳥は、数十羽。黄色、オレンジ、青、緑、鮮やかな色彩で、1羽ずつ描き分けられています。仰向けになって鳥を見る男の子、そして、座って鳥を見上げる女の子。自分も鳥になって、空を飛んでいるのかもしれません。

「おめでとう」(1956)は、世界の子どもたちや、象、ライオン、トラなどの動物たちが、新年の「おめでとう」という挨拶を交わしています。握手をしたり、おじぎをしたり、何人もで手をつないだり、みんな幸せで楽しそうです。色彩の美しさも素晴らしいのですが、ひとつひとつの絵が物語を奏で、茂田井武ならではの世界に誘ってくれます。

いわさきちひろは、少女の顔が大きく描かれた絵のイメージがありましたが、虹を見る子どもたち(1957)や、はないちもんめ(1958)や雪合戦(1960)をする子どもたちなど、複数の子どもたちが描き分けられた絵が展示されており、新鮮な気持ちになりました。

1世紀から半世紀も前に、子どもたちに夢を与えた作品のかずかず。今なお、私たちの心を刺激してくれます。

展覧会のホームページはこちらから
ちひろ美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。