マティスとルオー展

20世紀最大の宗教画家と呼ばれるルオー(1871~1958)と、色彩の魔術師と呼ばれるマティス(1869~1954)。それぞれに個性を際立たせるふたりの画家は、パリの国立美術学校でともに学んでいました。指導にあたったのは、聖書や神話を題材とした幻想的な作風のギュスターヴ・モロー(1826~1898)。ふたりの個性を巧みに引き出したといいます。

卒業後もマティスとルオーは、1906年からマティスが亡くなる前年の1953年まで、手紙のやり取りをしていました。展覧会への出品についてや、お互いの健康を気遣うなど、内容はさまざま。ふたりの手紙を紹介しながら、その時期の作品を年代に沿って鑑賞できる展覧会が、パナソニック汐留ミュージアムで開催されています。
<会期:2017年1月14日(土)~3月26日(日)>

201701 237

1890年代の初期作品から年代を追って、ふたりの絵画スタイルの変遷を見ることができるのは、みどころのひとつです。マティスの作風が明るく変化するのは、ニースに滞在したという1920年ごろ。海の見える窓辺に立つ女性を描いた「窓辺の女」(1920)には、やわらかな光が満ちています。「肘掛椅子の裸婦」(1920)にも、ストライプのテーブルクロスや花模様の絨毯に、マティスならではの装飾的な趣が感じられます。そして、色を切り取り、リズミカルに配置した「ジャズ」(1947)へ。

一方、ルオーは14歳のとき、ステンドグラス職人の見習いをしており、独自の黒い輪郭線は教会のステンドグラスから発想したのだとか。詩画集「気晴らし」の原画(1943)のさまざまな人物像はどれも味わい深く、15点そろっての展示は世界初とのこと。もちろん、キリストの顔を画面いっぱいに描いた「聖顔」(1939)など宗教的な題材も。

ナチスによるパリ占領期に、ギリシア出身の出版人テリアード(1897~1983)が発行した芸術誌「ヴェルヴ」(1937~1960)関連の展示も充実しています。世界一美しいと称えられた「ヴェルヴ」は、フランス美術をちりばめることで、ナチスへの抵抗を表明したそうです。創刊号の表紙はマティス作で、ルオーも表紙画を描いています。マティス「ラ・フランス」(1939)には、赤のドレスをまとった堂々とした女性像が鮮やかな色彩で描かれ、フランスの誇りが感じられます。本作を掲載した「ヴェルヴ」本誌も展示されています。

第二次世界大戦をはさむ激動の時代を生きた、ふたりの画家。ナチスに家族を捕えられ困窮していたルオーに、マティスが絵具を溶く油を送ったというエピソードもあり、時代と芸術についても考えさせられます。東京での会期はあとわずかですが、あべのハルカス美術館に巡回予定です(2017年4月4日~5月28日)。

展覧会のホームページはこちらから
パナソニック汐留ミュージアム

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

日本画の教科書 東京編

開館50周年記念特別展として、日本画の名品を惜しげもなく公開している山種美術館。創立者である山崎種二が、戦前戦後を通して同時代の画家たちを支援し交流しながら、コレクションを形成してきた山種美術館だからこその展示です。「日本画の教科書」と題することができるのも、その自信の表れといえるでしょう。さて、どんな名品に出会えるでしょうか。
<会期:2017年2月16日(木)~4月16日(日)>

201701 171

日本画の魅力といえば、花鳥風月など自然の風物が四季の彩りの中で描かれていること。東山魁夷(1908~1999)の四季は、「年暮る」(1968)、「春静」(1968)、「緑潤う」(1976)、「秋彩」(1986)。

昭和30年代後半、川端康成に「京都は今、描いといていただかないとなくなります」と言われた東山は、京都を描くようになったといいます。「年暮る」に描かれているのは、年の瀬の京都。低く連なる家々の屋根に、しんしんと雪が降り積もる情景です。人は描かれていませんが、家の中で新しい年の訪れを待ちわびていることでしょう。春は、洛北の山の青々とした杉を背景に、咲き誇る桜の花を描いた「春静」。緑と薄桃色の対比が美しく、山あいの静かな春を感じさせます。修学院離宮の庭園を描いた「緑潤う」は、池の青と樹木や苔の緑という、同系色の色合いがすがすがしい夏の景観。「秋彩」の小倉山は秋色に染まり、紅葉の朱や黄と、常緑樹の青紫が響きあう美しい作品。

荒木十畝(1872~1944)の「四季花鳥」(1917)は四季の4幅対。春は、画面一面に咲く椿と木蓮の下、散歩を楽しむような鳥たち。夏は、青の桐の花に囲まれて、見つめ合う2羽の鳥。秋は、鮮やかに色づく紅葉の幹のアカゲラ。そして冬は、雪の降り積もった梅が花を咲かせ、寒そうに身を寄せ合う5羽の雀。装飾性豊かで目を奪われる、大正期の作品です。

開花が待ち遠しい桜を描いた作品で印象に残るのは、橋本明治(1904~1991)「朝陽桜」(1970)。福島県三春町のしだれ桜を写生して生まれたそう。花びら1枚1枚が盛り上がったように描かれ、所々に金砂子がまかれています。金砂子で、朝陽に映える桜をイメージしたといいます。

花鳥風月以外の作品も充実しています。前田青邨(1885~1977)「大物浦」(1968)は、平家物語の一場面が描かれています。画面いっぱいに群青で力強く描かれた嵐の海。対角線上に、義経らが乗る船を配したダイナミックな構図。ここまでは荒々しいのに、よく見ると、船の中には一人ひとりの人物が細かく描きこまれ、見飽きません。青邨83歳の作。

東京画壇の名品がそろっています。

こちらの記事もぜひ
日本画の教科書 京都編

展覧会のホームページはこちらから
山種美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

ティツィアーノとヴェネツィア派展

ルネサンス期のイタリアにおいて、素描を重視したラファエロ(1483~1520)、ミケランジェロ(1475~1564)などフィレンツェの画家たちに対し、ティツィアーノ(1488/90~1576)を筆頭としたヴェネツィアの画家たちは、色を重視したといわれます。水の都ヴェネツィアで描かれた、豊かな色彩と光の表現にあふれた作品群を、東京都美術館で見ることができます。
<会期:2017年1月21日(土)~4月2日(日)>

201701 144

海に囲まれたヴェネツィアは湿度が高いため、早く乾くテンペラ画が主流でしたが、ぼかしや重ね塗りには向きませんでした。カンヴァスに油絵具で描くスタイルを取り入れたことで、光と色彩の表現を進化させることができたのだとか。輝くような色彩の表現は、女性像にも生かされています。ルノワールが敬愛したというティツィアーノの初期の代表作「フローラ」(1515頃)はどうでしょう。

201701 145

輝く金髪と白くふくよかな肌。右手にバラやジャスミンの花を持っていることから、花の女神フローラとされています。薬指に指輪をはめていることから、花嫁とも。バラ色のマントを纏い、白の肌着で片方の胸は覆われているものの、片胸はあらわ。貞淑さと奔放さが入り混じっているようにも感じられますね。

50代のティツィアーノが描いた「ダナエ」(1544-46)も肌の美しさが際立つ作品。裸で横たわる女性がうっとりとみつめているのは、黄金の雨。幽閉された王女ダナエの美しさに惹かれた神々の王ユピテルが、黄金の雨に姿を変えて彼女に降り注ぎ、交わっているのだそう。黄金の雨には金貨も混じっており、まるで、その代償として金貨を与えているようにも見えます。

ティツィアーノのパトロンたちは、より美しく官能的な絵画を彼に要望したといいますから、神話を利用して、それに応えたものだったのでしょう。クラーナハの描く裸婦もアクセサリーを身につけていましたが、ダナエもイヤリング、指輪、ブレスレットをしています。

ユピテルは白鳥にも姿を変え、王妃レダを誘惑します。その場面を描いたのが、ティツィアーノより次世代のティントレット(1519~94)の「レダと白鳥」(1551-55)。レダを画面の対角線上に描く大胆な構図と、背景の布の質感が見事です。誘惑されているというより、白鳥を愛玩しているようなレダも新鮮。

昨年、国立新美術館で開かれた「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」に続いて、ヴェネツィア派が堪能できます。

こちらの記事もぜひ
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

展覧会のホームページはこちらから
東京都美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

オルセーのナビ派展

19世紀末のパリ。ヘブライ語で預言者を意味する「ナビ派」と称した、若き芸術家のグループがありました。新しい絵画を模索した、ボナール(1867~1947)、ドニ(1870~1943)、ヴュイヤール(1868~1940)などの画家たちです。オルセー美術館のナビ派コレクションから約80点を集め、ナビ派の芸術を日本で初めて本格的に紹介する展覧会が、三菱一号館美術館で開かれています。
<会期:2017年2月4日(土)~5月21日(日)>

201701 126

折りしもジャポニスムの時代。「日本かぶれのナビ」と呼ばれたのがボナールです。「庭の女性たち」(1890~91)は、掛軸を思わせる、縦長の細長い画面に描かれた4枚の連作。屏風として制作されたといいます。引き伸ばされたしなやかな肢体の女性たちが、庭で思い思いに過ごしています。赤に白の水玉のワンピースの女性は犬と戯れ、やわらかなピンクの服の女性は猫と座る。パープルのケープの女性は紅葉の中に佇み、格子柄の服の女性は白の帽子をかぶって。それぞれの色調が美しく、服の模様と背景の植物模様がマッチして、なんとも華やかで装飾的。平面的な画面は、浮世絵の影響を受けているとか。

同じく、縦型の大型の連作で目を奪われてしまうのが、ヴュイヤール「公園」(1894)。とある私邸の応接間兼食堂の装飾画として制作された9枚1組の作品で、オルセー美術館が所蔵する5枚を見ることができます。横に並べるとパノラマ写真のように連続した画面には、公園の中の日常の情景が描かれています。今にも駆け出しそうな子どもたち。子どもの問いかけを腰をかがめて聞く母親。腰掛けて語らう3人の女性。赤の日傘をさして一休みする女性。あたたかで親密な情景ながら、地をはうような影の描写に不穏な雰囲気も。マットな質感は膠を使用して描かれているからだそうです。

201701 138

201701 137

ドニの「ミューズたち」(1893)には、木々の間に集う女神たちが描かれていますが、同時代の衣服をまとい、現代女性の姿をしています。神秘的な色調で表現された、目に見えない世界。

親密な日常性、室内で楽しみたい装飾性、目に見えない精神や祈りをも描こうとした神秘性。一筋縄ではいかないナビ派芸術に触れることのできるチャンスです。
※写真は、主催者の許可を得て撮影しています。

こちらの記事もぜひ
ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展

展覧会のホームページはこちらから
三菱一号館美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

日本画の教科書 京都編

開館50周年を迎えた山種美術館の記念特別展として、京都画壇を代表する名品が勢ぞろいしています。竹内栖鳳(1864~1942)、上村松園(1875~1949)、福田平八郎(1892~1974)など、「日本画の教科書」というタイトルにふさわしいラインアップ。特に、山種美術館の代名詞でもある竹内栖鳳「班猫」(1924)は、このような機会がないとなかなか目にすることができません。
<会期:2016年12月10日(土)~2017年2月5日(日)>

201601 1028

「班猫」は、会場を入ってすぐの場所に展示されています。「動物を描かせてはその臭いまで描く」といわれた栖鳳ですが、描きたい動物がいれば、自宅に持ち込んで写生し続けたといいます。この猫も、沼津の八百屋の店先で一目ぼれし、譲り受けて京都に連れ帰ったとか。何もない背景にただ1匹描かれた猫は、どこか気品ある佇まい。やわらかな毛並みと、ふと振り返ったときの丸みのある独特のポーズ。栖鳳が入れ込んだ気持ちがわかるような気がします。

栖鳳の門下であった土田麦僊(1887~1936)「大原女」(1915)も目を惹く大作。頭に荷をのせて売り歩く京都の大原女。胡粉を盛り上げて花びらを描いた桜の大木と、すがすがしい緑の竹林。土色と緑の中を歩く藍の着物を着た3人の大原女が、のどかでのびやかな雰囲気。

上村松園の美人画も見逃せません。「牡丹雪」(1944)は、画面の大部分がどんよりとした空。降る雪が胡粉で描かれています。うつむき加減で歩く二人の女性の傘は雪で覆われ、その重さが伝わってきます。寒さの中で、女性の美しさが際立ちます。会場では、この作品のみ撮影可能です。

201601 1027

松園の夏の美人は「新蛍」(1929)。グリーンの簾ごしに、蛍に目をやる女性。少し上げた簾が、女性の立ち姿に沿って垂れ、たおやかな曲線を描いています。

福田平八郎「筍」(1947)は、黒々とした皮に覆われた筍が2本、空に向かって伸びています。その生命力を絵画で表現したかったとは福田の弁。淋しいので添えたという竹の落ち葉は、薄墨の線で描かれ、グラフィカルな魅力にあふれています。

次回展の東京編では、どんな名品に出会えるでしょうか。楽しみですね。

展覧会のホームページはこちらから
山種美術館

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

青い鳥

青い鳥
心が豊かになるアートを見つけに飛び立つ青い鳥です。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSS
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: